カテゴリ

カテゴリ:自動車業界

( ^ν^)「東京で車は敢えて持ってない!レンタで充分!」←半数の女性がレンタカーのデートは無理と回答w

カテゴリ:
02-e1485595041380
1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US]

http://digital.asahi.com/sp/articles/DA3S13266003.html

カーシェアは、店頭で手続きせずに使える手軽さが人気だ。最大手パーク24の「タイムズカープラス」は、10月末時点で全国1万カ所に2万台を展開する。5年前と比べ拠点数は3倍、車両台数は4倍、会員数は6倍に増えた。

 ホンダは13年11月から都内で実験的にカーシェア事業を始めた。約90カ所に計約140台を置き、1万1千人の会員がいる。

 トヨタ自動車は個人間のカーシェア事業を手がける米ベンチャーに出資し、実証実験を進める。

 日産もホンダも、カーシェアには「一押し」のモデルを提供している。幅広い客層にまず使ってもらい、販売につなげるねらいだ。

 パーク24が8日に発表したアンケートでは、レンタカーやカーシェアでのデートが「問題ない」と答えた割合が、20代は52%にのぼる。(青山直篤)

ソース 朝日新聞
レンタカー会社のやった提灯アンケートでこれだからなw
実態はさらにクルマナシニューソクミンにとって残酷な結果となるだろうよ

【経済】首都圏や東海地方の高速道路整備などに1.5兆円投入へ 財政投融資を活用~財務省

カテゴリ:
1
1: ティータイム ★
日テレNEWS24 2017年12月1日16:30

安倍政権が来週発表する「生産性革命」の柱の一つ、高速道路整備をめぐり財務省は、政府が行う低金利の融資として、1.5兆円を投入する方針を明らかにした。

財務省によると、首都圏で整備が進む圏央道周辺では、大型物流施設が増えたり地価が上がるなど、経済効果が確認されているという。

このため、来年度以降、物流の効率化など「生産性革命」の一環として
圏央道や東海環状自動車道について車線を増やすなどの整備を加速するほか、橋の耐震強化対策などを進めることを明らかにした。
その財源として、国による低金利の融資である「財政投融資」1.5兆円を使うとしている。

具体的な工事計画は高速道路会社が作るが、効果的な事業となるか厳しい見極めが求められる。

http://www.news24.jp/articles/2017/12/01/06379359.html

清原和博が乗ってきた車wwwwwwwwwwww

カテゴリ:
0000207800
1: 風吹けば名無し
10~20代

1986年 19歳 BMW 635 CSiA
1988年 21歳 フェラーリ テスタロッサ
1989年 22歳 メルセデス・ベンツ 560SEC
1990年 23歳 メルセデス・ベンツ 500SL
1991年 24歳 メルセデス・ベンツ 560SEL
1992年 25歳 メルセデス・ベンツ 500SL
1993年 26歳 メルセデス・ベンツ 560SEC
1994年 27歳 メルセデス・ベンツ 600SEL
1994年 27歳 フェラーリ F355 ベルリネッタ

ワイが個人的に可愛いと思う車で打線

カテゴリ:
1: 名無しさん@おーぷん
1 二 スズキ カプチーノ
no title

2 遊 ダイハツ コペン
no title

3 一 リライアント ロビン
no title

4 DH ピール P50
no title

5 中 ローバー ミニ クーパー
no title

6 右 ロータス エリーゼ
no title

7 三 フォルクスワーゲン ビートル
no title

8 左 フォード カー(綴りはcarではなくka)
no title

9 捕 プジョー 106
no title

P  スバル ヴィヴィオ
http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2017/05/Subaru_Vivio_001.jpg

【高速道路】「冬タイヤ」、車止めずに高感度カメラでスタッドレスタイヤを瞬時に判別 通過、目視30分→5分に短縮

カテゴリ:
1: ばーど ★
西日本高速のスタッドレスタイヤの自動識別システム
no title


西日本高速道路は今冬、走行中の車のタイヤを高感度カメラで撮影し、スタッドレスタイヤかどうかを自動識別するシステムを全国で初めて導入する。

 冬用タイヤの装着規制をかけた際に係員が車を止めて確認する必要がなくなり、渋滞発生を防ぐ効果が期待できる。

 車のタイヤを強力な発光ダイオード(LED)ライトで照らして撮影し、溝の深さや形からコンピューターがスタッドレスかどうかを判別する。情報は画像と音で誘導員に瞬時に伝えられ、装着していればそのまま通過させる。

 舞鶴若狭自動車道の西紀サービスエリア(SA)下り(兵庫県篠山市)など4路線5か所で試験的に導入する。将来的には設置場所を増やしていく考えだ。

 高速道路では降雪時など必要な場合、冬用タイヤを装着していない車を走らせない規制がかけられる。ただ、係員が目視で確認するため、冬の渋滞の要因の一つとなっている。西日本高速道路の試算では、通過に約30分かかっていたのが、このシステムを使えば5分に短縮できるという。

2017年12月04日 09時25分
YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171204-OYT1T50038.html?from=y10

ビートたけし「時の人が乗るワゴン車に向かって質問を叫ぶ芸能レポーターは最低のバカ」

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [JP]
車に叫ぶ人達
「親方、貴ノ岩の状態はどうなんですか~?」
「協会の聴取をなぜ拒否したんですか~?」

ワゴン車に向かって、声を張り上げるレポーターの姿をテレビで見ながら、内心こんなツッコミを入れた方も多いのではないか。

「車に叫んでもしょうがないだろう」

おそらく声をかけている側だって、本当に答が返ってくるとは思っていないだろう。それでも「画をつくる」ために声をかける。
そして「問いかけには答えなかった」と言いたいのである。

「芸能レポーターが、渦中の人物を自宅や仕事先で待ち伏せしていると、そいつを乗せたワゴン車がやって来る。そうすると一斉に車に向かって、
『○○さーん、△△さんはお元気ですかー』と叫ぶシーン。
あれは、『自分はちゃんと現場で仕事しています』というアピール以外の何物でもないから、すぐに止めたほうがいい。
窓もカーテンも閉まっているのに、聞こえるわけがない。聞こえたとしても、車を停めて、ギーッと窓を開けて、『はい、おかげさまで
元気にやっています』なんて答えるはずがないだろう。それに『おかげさまで』ってなんだ。なんでお前らに感謝しなきゃならないのか。

若い頃から山ほど取材を受け、またワイドショーのネタになり続けてきただけあって、この種の「バカ論」になると話が止まらないようなのである。

http://news.livedoor.com/article/detail/13965790/
no title

このページのトップヘ

見出し画像
×