カテゴリ

カテゴリ:自動車業界

昨日凄い車を見た!

カテゴリ:
1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/16(日)06:47:05 ID:VTv
両方のルームミラー裏側と後ろから見たら4~6箇所動画を流してる乗用車を見た

あれは何の為に動画を流してるんだろ?
1178a46e29

嫁「ごめん、車ちゃんと鍵かかってるか見てきてー。」

カテゴリ:
16
1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/11(火)22:31:14 ID:acR
扉ガチャガチャ

俺「かかってるよー。」

嫁「あれ?うちの車って元々ロックって上に飛び出るやつじゃないんだっけ?」

俺「ごめん。そこらへんよく覚えてないからガチャガチャしてきた。」

嫁「は!?ロックの形わかってて扉開けようとしたんじゃないの!?
そもそも車のロックの形わかってないのが嫌だし
何も考えなしに適当に扉開ければいいやっていう行動するとか超嫌!」

こんなことで朝からキレられて意味がわからん。

【世界的流行!】次期フェアレディZやベンツSLがツリ目フェイス!クルマの顔もツリ目顔が世界的流行へ

カテゴリ:
1: 2017/04/16(日) 19:16:24.34 ID:cb7za+zO0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
ルセデスベンツの2ドアオープンスポーツ、「SL」次期型のレンダリングCGを欧州エージェントから入手した。

現在メルセデスベンツは、セダン、SUV、スポーツモデルとも、共通性を持たせたヘッドライトを採用しているが、
「SL」次期型では他モデルと一線を画す、攻撃的でスパイスの効いたデザインのヘッドライトが採用される可能性があるようだ。

ハイライトはシートレイアウトだ。現行モデルの2シーターから、実用性重視の2+2シートの可能性が高い。

プラットフォームにはスポーツモデル用「MSA」(モジュラー・スポーツ・アーキテクチャー)を採用し、大幅な軽量化を図ると共に、歴代最高の燃費とスポーツパフォーマンスを実現するだろう。

ワールドプレミアは2018年秋以降となるはずだ。

極端なツリ目も次期SL
no title

こちらもツリ目の次期Z
no title


http://response.jp/article/2017/04/16/293570.html#cxrecs_s

ガチなのが来ちまった 800馬力の「悪魔」、エクソシストを返り討ち…ゼロヨン最速記録

カテゴリ:
1: 2017/04/14(金) 10:16:34.97 ID:+1mFdq1H0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
ダッジの2ドアクーペ、「チャレンジャー」のハイパフォーマンスモデル、「SRT デーモン」が正式公開されると共に、脅威のスペックも公表された。

先日、この「デーモン」を悪魔に見立てた、ライバル「カマロザ エクソシスト」が公開されたが、悪魔祓いも逃げそうな圧倒的存在感を示した。

その心臓部には、6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載、最大馬力850psを叩き出し、
その加速力は0-100km/hを2.3秒、0-400mをなんと市販車最速となる9.65秒で駆け抜ける。加速Gは1.8Gを誇る。

また、スタートと同時に持ち上がる前輪はなんと89cm。ウィリー走行を実現しギネスに認定された。

エクステリアは、欧州スーパーカーと異なり、ボンネットの大きなエアーバルジが目立つ程度、コックピットも決して派手ではないが、
米を代表する歴史的マッスルカーとなるのは確実だ。

生産は2017年後半からで、価格は未定ながら、アメリカ3000台、カナダ300台の限定生産となることが発表されている。

http://response.jp/article/2017/04/13/293489.html

チャレンジャーSRT デーモン ダッジ
no title

no title

no title

no title

no title


動画
https://youtu.be/7hb3PLfhYfU


このページのトップヘ

見出し画像
×