カテゴリ

カテゴリ:自動車業界

【車】欧州では馬鹿売れするハッチバック 日本で不人気なのは何故か 

カテゴリ:
IMG_5716-680x453
1: 人魚ひめ ★ [US]
欧州では馬鹿売れするハッチバックが日本で不人気の理由

■かつて日本でもハッチバックは人気を博していた

 欧州では、スポーツハッチバックが人気だ。
 ルノー・メガーヌやフォード・フォーカスなど、スポーツハッチは幅広い年齢層に売れている。
 人気の背景にあるのが、少し前まで人気の高かった3ドアハッチバックだ。

 2ドアクーペの流れを汲み、そこに後席の居住性と荷室を確保したのが、3ドアハッチが生まれた背景。
 その商品性とイギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペインという欧州主要国のクルマに対する趣向性が合致した結果だ。

 日本でも80年代には3ドアスポーツハッチが次々登場。
 日産・パルサー、トヨタ・スターレット、カローラII、三菱・ミラージュ、そして赤いマツダ・ファミリアの大ブームが起こったことを覚えている方も多いだろう。

 だが、日本ではその後、乗用車の主力モデルがミニバンに移行し、クルマの商品性として乗員数の増加と居住性の確保の両立を求められるようになった。
 その結果として、ドアの数が少なく、リヤシートの居住性が低い3ドアハッチバックは急速に市場から消えていった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

WEB CARTOP 2018年9月14日 6時20分
http://news.livedoor.com/article/detail/15303413/

おいおい、日本はいつから軽自動車大国になったのか?

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [RU]
8月の新車販売ランキング、N-BOXが11カ月連続トップ 登録車はノート
■「N-BOX」12カ月連続の首位
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は6日、8月度の車名別新車販売台数を発表。その結果、
ホンダの「N-BOX」が1万5,509台で首位となった。「N-BOX」の首位はこれで12カ月連続となる。また、登録乗用車では日産の「ノート」が
「アクア」を押さえ、登録乗用車首位の座を奪取している。

■8月度登録車軽自動車販売台数総合ベスト10

本月台数(前月比/前年同月比)

1位ホンダ・N-BOX 1万5.509台(78.9%/153.9%)

2位スズキ・スペーシア 1万974台(92.7%/163.8%)

3位日産・ノート 1万647台(94.5%/109.9%)

4位日産・デイズ 9.995台(85.4%/103.6%)

5位ダイハツ・タント 9.716台(90.7%/111.1%)

6位トヨタ・アクア 9.054台(77.4%/83.3%)

7位ダイハツ・ミラ 8.556台(76.4%/107.0%)

8位トヨタ・カローラ 7.991台(80.0%/160.8%)

9位ダイハツ・ムーヴ 7.964台(78.1%/76.8%)

10位トヨタ・プリウス 7.471台(76.2%/71.7%)

https://www.oricon.co.jp/article/545928/
no title

このページのトップヘ

見出し画像
×