カテゴリ

カテゴリ:自動車業界

【交通】高速道路が乗り放題「ドライブパス」で夏休みの家族旅行をもっとお得に

カテゴリ:
shikokumarugotodrivepass
1: ひぃぃ ★
[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年7月27日放送の「今日の☆印」のコーナーで、お得な高速道路「乗り放題プラン」について紹介していました。

■たっぷり遊べるモデルコースも

海水浴にキャンプ、夏は車で遠出する機会が増えますが、今ガソリン価格の高騰にドライバーたちは頭を悩ませています。

資源エネルギー庁の調査によると、レギュラーガソリンの全国平均価格は7月23日時点で152.3円となり、およそ4年ぶりの高値。

そんな中、NEXCO西日本では高速道路定額乗り放題「ドライブパス」の販売を始めました。うまく使えば、高速料金がとてもお得になります。

乗り放題プランを使うには、高速道路を利用する日程を決めて、ホームページ上にETCカードの番号などを入力していきます。

これまでは、中国・四国地方限定のサービスでしたが、今回、新たに周遊エリアが加わりました。まずは京都・若狭路・びわ湖エリアと、京都・若狭路・びわ湖に兵庫エリアをプラスしたバージョン。そして、九州エリアです。

この乗り放題プランなら何度乗り降りしても、請求額は一定。例えば、京都・若狭路・びわ湖に兵庫エリアもプラスしたバージョン「京都・若狭路・びわ湖ぐるっと ドライブパス2018 プラス兵庫乗り放題」だと3日間で6800円。

NEXCO西日本はモデルコースも紹介していて、例えば「姫路城」「竹田城跡」「二条城」「安土城跡」「彦根城」と関西の有名なお城をめぐる旅では、平日1万2400円、金土日1万730円のところ乗り放題だと6800円で行けます。

ガソリン価格が当面大きく下がる気配はなく、夏のお得な料金プランに注目が集まりそうです。(ライター:Nana.)

2018年8月5日 7時32分 Jタウンネット
http://news.livedoor.com/article/detail/15114306/

画像
no title

【社会】個人向けカーリース活況 「若者の車離れ」にブレーキかかるか 頭金ゼロ、月額約1万8000円のリース料のケースも

カテゴリ:
00019597_r
1: シャチ ★

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000525-san-bus_all
 マイカー所有にこだわらない消費者の増加を追い風に、毎月定額の料金を支払うことで好きな車に乗れる「個人向けカーリース」市場が活気づいている。
リース会社や自動車ディーラーなどが商品力や販売態勢を強化した結果、徐々に認知度が高まってきたからだ。国内新車市場が頭打ちとなる中、
リースは「若者のクルマ離れ」に歯止めをかける可能性を秘めている。

 「日常の足として使えれば十分。子育てにかかる費用負担もあり、月々の出費を抑えたい」。そんな理由で、
東京都国立市に住む福祉施設職員の米山こずえさん(47)はオリックス自動車(東京都港区)のカーリースを昨春から利用している。

 9年契約で借りたのは、日産自動車の軽自動車「デイズルークス」の新車。同武蔵村山市の職場に約30分かけて
車で通う米山さんにとってマイカーは生活必需品だが、こだわるのは燃費性能のみ。インターネットで申し込める気軽さも大きな魅力だったという。

 まとまった出費を避けたいという思いも強かった。頭金はゼロ。月額約1万8000円のリース料だけで乗り続けられ、
そこに毎年の自動車税や3年後の車検費用などが含まれる。7年たったら別の新車への乗り換えや返却も可能だ。米山さんの薦めで娘もカーリースを利用している。

 日本自動車リース協会連合会(JALA)によると、個人向けカーリースの保有台数は平成26年度末時点の15万2857台から4年連続で増加し
29年度末には過去最高の25万6936台に達した。(以下ソースで)

このページのトップヘ

見出し画像
×