カテゴリ

カテゴリ:バイク

最近バイクと見ると殺しにかかってくる車カスが増えた。これも三ない運動で二輪を悪とした教育の弊害だ

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(空) [KR]
なぜ、バイクへの煽り運転が多発しているのか
https://news.webike.net/2018/07/11/136683/
o0240032010321169219

バイクに嫌悪感を持つ人が増えているという事実
煽り運転が社会問題として取り上げられるようになったのはまだ最近のことなのに、このわずか1年足らずの間に、私の知る限りでもバイクが被害者となる事件が4件も起きています。

そして、ついに先日、死亡事故(殺人事件としてもいい)が発生してしまいました。しかも被害者の男子大学生はバイク関連の会社の入社が内定していたというではありませんか。私は悲しさと怒りの感情を隠し切れません。

これは異常な事態です。煽り運転の多発に社会的な背景が絡んでいることは確かでも、これだけバイクが被害に合うのは何か原因があるはずです。昔だって、煽り運転をするガラの悪い連中はいたものです。

実は、私には思い当たるフシがあります。バイクで公道を走りだして48年目になる私が思うのは、近年、四輪ドライバーがとみにバイクに対して思いやりを示さなくなっていることです。

昔とは違って、彼らの多くはバイクを経験せずに四輪車に乗っているので、バイクにとって危険なことを理解できないのでしょう。そう考えた時、やはりあの三ない運動の影響の大きさを思い知らされます。

ただ、バイクの動きやライダーの心理を理解できないだけならともかく、三ない運動によってバイクはなくていいもの、あってはならないものとの認識を植え付けられ、さらにはバイクへの嫌悪感もが生み出され、バイクへの煽りが多発しているのではないかと思えてならないのです。

実際、バイクに嫌悪感を持つ人は、昔では考えられないぐらいに増えているのです。

中国人「何で日本人は金持ちなのにバイクなんか乗るんだよ」

カテゴリ:
photo400-04
1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [JP]
中国では「自動車」は所有する人の社会的地位やメンツを誇示するためのツールという側面がある。それゆえ消費者はより大きく、より高級感のある車を好む
傾向にあり、中国車に乗っていたのでは「メンツが立たない」という声もよく聞かれる。

 バイクは自動車を購入するお金がない人が乗るものという認識があるためか、中国人旅行客が日本滞在中に「バイクを乗っている日本人」を見かけて、
「日本はこんなに経済が発展しているのに、なぜバイクに乗る人がいるのか」と驚くこともあるようだ。

 中国メディアの快資訊は10日、日本はアジアでトップを争うほどの経済力を持つ国だと指摘する一方、その日本では、なぜバイクに乗る人が今なお
数多く存在するのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 近年の中国では自動車が急激に普及しているほか、手軽が移動手段として電動スクーターが普及している。しかも、中国では多くの都市で
環境汚染対策などを理由にバイクに乗ることが禁止されているのが現状だ。

 記事は、「中国ではバイクの生産台数も販売台数も急激に減少している」と伝える一方、日本で今もバイクが広く乗られている背後には発達した
バイク産業があると指摘。ヤマハやホンダなど優れたメーカーがバイクを生産しているため、安全性が高く、消費者は安心してバイクに乗ることができると紹介。

 また、日本は国土が狭く、バイクでの移動の方が便利な場合があるとした他、自動車の所有コストが高いため、やはりバイクの方が安上がりだと指摘。
また、日本人消費者は中国人のように「バイクに乗っていたのではメンツが立たない」とは考えないと指摘し、こうした理由からバイクは日本で
広く親しまれているのだと強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1665093?page=1

俺「バイク免許取れた!!父さんバイク貸して!!」 父「1年位走らせてねーから知らんぞ」 俺「キック!エンジンついた!出発ッ!」

カテゴリ:
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
俺「うわぁ、花火綺麗~。よしんじゃ帰ろっかっ。キック!」

彼女「どしたん?」

俺「あっれぇ?おかしいなぁ、キック!キック!」

~30分後~

俺「ぜぇぜぇ……エンジンつかねぇ……。ちょっと手で押しながら時間空けてキックするわ」

彼女「はぁぁ?歩きぃぃ?しょうがないなぁ……」

って感じで5時間歩きで帰った……コンビニや自販機とかも全然なくて自販機発見してジュース飲んだ時ちょっと感動してしまった
CUPXdR2UAAA731X


このページのトップヘ

見出し画像
×