カテゴリ

カテゴリ:教習所

若者の車離れか‥ならばノウハウを生かしてドローンも教えようではないか! と自動車教習所 お値段約24万円、最短3日・徳島

カテゴリ:
yjimageM7K0RQ4N
1: 水星虫 ★
自動車学校がドローンスクール

http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20180910/8020003011.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

若者の車離れが進む中、徳島市の自動車教習所は新たな生徒の獲得を目指そうと、
普及が急速に進む小型の無人機、ドローンの操縦者を養成する「ドローンスクール」を新たに開校しました。

「ドローンスクール」は、徳島市の広沢自動車学校が先月新たに開校しました。
スクールでは、航空法や電波法など安全な運航管理に必要な知識を学ぶ講習や、
神山町の廃校になった小学校でドローンを安全に飛行させる実技の講習が行われます。

試験に合格すると、ドローンの関連企業や行政機関などでつくる団体が発行する
認定証が取得できるということです。
講習料金はおよそ24万円で、カリキュラムは最短で3日間となっています。

自動車学校によりますと、少子化や若者の車離れの影響で将来的に経営が厳しくなる可能性もある中で、
災害の調査や土木の測量など幅広い分野で需要が見込めるドローンの教習を行って
新たな生徒の獲得を目指したいということです。

「広沢ドローンスクール」の祖川嗣朗代表は
「長年、自動車の教習で安全指導に取り組んできたノウハウをドローンの分野にも生かしていきたい」
と話しています。

09/10 05:49

自動車学校「左折時に横や後方に自転車がいたら先に行かせましょう。幅寄せは進路妨害、車カスです」

カテゴリ:
maxresdefault
1: 名無しさん@涙目です。(空) [US]

クルマ左折時の幅寄せが危険視されるワケ 安全のためのルール、なぜトラブルの火種に
https://a.excite.co.jp/News/economy_clm/20170701/Trafficnews_74817.html
クルマが左折する際の幅寄せは、車道を走る自転車にとって危険という意見があります。そもそも、左折時の幅寄せにはどのような意味があるのでしょうか。

教習所でも習う左折時の幅寄せ
 クルマを運転していて左折する場合、自動車教習所では、その手前から合図を出し、クルマを左に幅寄せするよう教わったことでしょう。

そもそも左折車の幅寄せには、どのような目的があるのでしょうか。東京都世田谷区の自動車教習所「フジドライビングスクール」の田中さんに聞きました。…

――左折時の合図と幅寄せは、どのようにするのが正しいのでしょうか。

交差点が近づいたら、左側や後方に自転車などがいないことを確認してウィンカーを出し、さらに周囲を確認したうえで幅寄せをします。
道路交通法では「できる限り道路の左側端に寄り」としか書かれていませんが、実際の指導において聞かれた場合は、道路の端から50cm程度と教えます。なお、左側に自転車専用帯があっても、そこに入り込んで寄せます。


――もしも左側や後方に自転車が走っていた場合は、どう左折したらよいのでしょうか?

こうした場合は、幅寄せすると「妨害」に当たるので、自転車を先に行かせる必要があります。どこまでが妨害に当たるかは微妙なところかもしれませんが、後方の自転車にブレーキを踏ませたり、よけさせたりしたら、該当すると考えてよいでしょう。

――自転車にとって幅寄せは危険との意見もありますが、どのようにお考えでしょうか?

法律では、左折のときは幅寄せをすることになっていますが、実際にはほとんどのドライバーが周囲の確認だけで幅寄せをしないため、一部の人が幅寄せをすることに対して「危ない」と思われがちなのだと思います。…

このページのトップヘ

見出し画像
×