カテゴリ

カテゴリ:メーカー

【車】トヨタ、21年ぶりに「センチュリー」フルモデルチェンジ V8 5.0リッター+THS IIのハイブリッドモデルに お値段1960万円

カテゴリ:
1: ばーど ★
 トヨタ自動車は6月22日、「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジして発売した。価格は1960万円。月販目標台数は50台で、生産はトヨタ自動車東日本 東富士工場で行なわれる。

 2017年10月の発表どおり、3代目となる新型センチュリーのパワートレーンはこれまでのV型12気筒5.0リッター「1GZ-FE」型エンジンからV型8気筒5.0リッター「2UR-FSE」型エンジンにモーターを組み合わせるハイブリッドモデルへと進化した。

 センチュリーは、1967年にトヨタグループの創始者である豊田佐吉氏の生誕100年を記念して発売されたモデル。新型センチュリーでは「継承と進化」を開発テーマに掲げ、従来からの特徴である「匠の技」「高品質のモノづくり」を継承しながらハイブリッド化による高い環境性能、新しい魅力が付与された内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進・快適装備を付与。これにより乗り心地、静粛性、走行性能を一段と高めたという。

 パワートレーンでは、低燃費・高出力化を実現する直噴技術「D-4S」を採用したV型8気筒5.0リッター「2UR-FSE」型エンジンにハイブリッドシステム「THS II」を組み合わせ、クラストップレベルの低燃費を追求。JC08モード燃費は13.6km/Lとした。

 また、熟練の匠により防音材を隙間なく組み付けて徹底的な防音対策が実施されたほか、エンジン起動時の音や振動に対しては逆位相の音を発することで音を打ち消す「アクティブノイズコントロール」機能を採用し、圧倒的な静粛性を実現したという。

 加えてAVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション・システム)機能付電子制御エアサスペンションを採用するとともに、構造用接着剤によるボディ剛性の向上、乗り心地に特化した新開発タイヤなどを装備。さらにサスペンションアームやブッシュ、マウントといったゴム部品の細部に至るまでチューニングを施し、ソフトで目線の動きが少ないフラットな乗り心地を実現している。


 ボディサイズは5335×1930×1505mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは3090mm。エクステリアでは日本の美意識に通じる静的な均整感を保ちつつ、後席を上座とする独自のデザインを表現。

 フロントグリルには七宝文様を配置して品位ある華を表現するとともに、フロントセンターの鳳凰エンブレムは工匠が金型を約1カ月半かけて手で彫り込み、躍動する翼のうねりや繊細な羽毛の表情を描き出した。

 サイドビューではあえて傾斜を立てた重厚なクォーターピラーにより後席の存在感を高め、ショーファーカーに相応しいひと目でセンチュリーと分かるデザインを施した。また、ショルダー部のキャラクターラインには「凡帳面」と呼ばれる平安時代の屏障具(へいしょうぐ)の柱にあしらわれた面処理の技法を採用。2本の線を角として研ぎ出し、わずかな隙に淀みなく通した面を1本の線として際立たせることで、高い格調を表現した。

 ボディカラーについては、新開発のエターナルブラック「神威(かむい)」では漆黒感を高める黒塗料入りのカラークリアなど7層もの塗装に、研ぎと磨きを加えて奥深い艶と輝きを追求。日本の伝統工芸の漆塗りを参考に、流水のなかで微細な凹凸を修正する水研ぎを3回実施し、さらにその後に1点のくもりも残さないように鏡面仕上げを施しているという。そのほか、シリーンブルーマイカ「摩周(ましゅう)」、ブラッキッシュレッドマイカ「飛鳥(あすか)」、レイディエントシルバーメタリック「精華(せいか)」の計4色が設定される。

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


以下全文はソース先をお読み下さい

2018年6月22日 13:30
car.watch
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1127228.html

【マラソン】設楽悠太が高級車ゲット「レジェンドとともにこれから走り続けて伝説を作る」…所属先・ホンダの納車記念式典に参加

カテゴリ:
1: かばほ~るφ ★
設楽悠太が高級車ゲット「伝説作りたい」


2月の東京マラソンで2時間6分11秒の日本新記録をマークした設楽悠太(26=ホンダ)が
22日、埼玉県内でホンダの高級セダン、レジェンド(メーカー希望小売価格707万4000円)の
納車記念式典に参加した。

日本実業団連盟から1億円の新記録報奨金をゲットし、所属先からは高級車を贈呈された。
全車種の中からレジェンドを選んだ26歳は、「マラソンで色々と伝説を作りたい。
レジェンドとともにこれから走り続けて、伝説を作る」と笑みを浮かべた。

東京マラソン後に右足の疲労骨折が判明。
練習スケジュールに若干の狂いが生じたものの、7、8月の北海道合宿でコンディションが上がってくれば、
9月のベルリンに出場すると見られる。ターゲットはもちろん、日本記録のさらなる更新だ。

サッカーW杯はテレビ観戦し、南米のコロンビアを下した日本代表に刺激を受けた。
「日本人でもあれだけやれるというのは、同じアスリートとして勇気をもらった。
競技は違うけど、マラソンで外国人相手に勝てるというところを見せたい」。
まずは2時間5分台、そしてその先へ。設楽悠は、半端ない激走を続ける。
[ 2018年6月22日 12:01 ]

スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/06/22/kiji/20180622s00057000177000c.html
ホンダの高級セダンの納車記念式典に参加した設楽悠 Photo By スポニチ
no title

no title

カテゴリ:
1: すらいむ ★ 2018/07/02(月) 20:11:36.07 ID:CAP_USER
「レンジローバー」にPHVが登場、高級・電動SUVに新たな選択肢
藤田真吾

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは「レンジローバー」および「レンジローバー スポーツ」にプラグインハイブリッド(PHVあるいはPHEVと省略する)モデルを追加し、予約受注を開始した。
 納車は2018年12月にも開始する予定。SUV一筋の老舗「ランドローバー」が、ついに電動SUVの世界に足を踏み入れた格好だ。

■ライバルはポルシェ「カイエン」だけ?
 今年でブランド誕生から70周年を迎えたランドローバーは、1948年から一貫してSUVだけを作り続けてきた。
 自動車業界では現在、ランボルギーニやロールス・ロイスなども新商品を投入するほどSUVブームが過熱しているが、「真のSUVを生み出す知見を持っているのは我々だけ」とジャガー・ランドローバー・ジャパンのマグナス・ハンソン社長は深い自信を示す。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

マイナビニュース 2018/06/30 10:00:00
https://news.mynavi.jp/article/20180630-rangerover/

【車】英国の革新的エンジン技術、日本車にも導入か?

カテゴリ:
1: ばーど ★
カムコン・オートのIVA(インテリジェント・バルブ・アクチュエイション)システム
no title


この10数年間、徐々に厳しくなる燃費規制や排気ガス規制に適合すべく、世界のカーメーカーはエンジンを小型化し、よりクリーンで効率的な駆動系の実現を目指し、ハイブリッド・ユニットやターチャージャーを搭載するようになっていた。

そして現在、たとえばトヨタの大型車ラインナップの半数は、ハイブリッドかPHEV、または燃料電池車と電動化されてきたし、日産もeパワー・プログラムを組んで電動化を推進している。一方マツダは、もっとクリーンで低燃費な内燃エンジンはまだまだ開発の余地があるとの信念で、統合的なスカイアクティブ・テクノロジーを展開している。

そんな中、地球の反対側の会社が開発した画期的なエンジン技術は、この問題のひとつの解決手段と言えるかもしれない。

ディーゼルの不正問題が広がる中、とある英国の会社が開発した画期的なエンジン技術は、この問題のひとつの解決手段と言えるかもしれない。

イギリスのスタートアップのテクノロジー企業、カムコン・オートは、現在のガソリン・エンジンは大幅な改良が可能だと証明している。同社のリーミングトン・スパ工場が開発したIVA(インテリジェント・バルブ・アクチュエイション)システムは、ディーゼルの低燃費と、ガソリンエンジンの高い性能、低い排気ガスを同時に提供する技術。つまり、ディーゼルとガソリンの一番美味しいところを見事に調和させているのだ。

このIVAは、7年の歳月をかけて開発され、現在ジャガー・ランドローバー社の技術提供を受けながら、プロトタイプを使って公道テストを行っている。

※続きは会員登録をしてお読みいただけます

2018/06/17 12:45
forbesjapan
https://forbesjapan.com/articles/detail/21626

【なんでLINE経由?直接で車とでよくない?】スマホアプリLINEと連携 “会話できる車”をトヨタが発表

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ]
情報とつながる「コネクテッドカー」

26日、トヨタは、人とつながる新たなモデルの車を本格展開することを発表した。

トヨタ自動車・豊田章男社長は、「走る、曲がる、止まる、というこれまでの性能に加えて、つながる、という新たな性能が、これからの車には求められているのです」と語った。

【画像】車と“会話“ 進化する人と車の関係

注目すべき特徴は、通信端末を通じて外部と情報をやりとりができる車、「コネクテッドカー」であること。

今回、新たに紹介された機能は、無料通信アプリのLINEと連携することで、乗車前に目的地の登録や、出発時間、ガソリンの残量など、車と会話をしているかのように確認することができる。

このほか、車に異常が発生すると、コールセンターのオペレーターだけでなく、販売店とも情報を共有し、サポートしてくれる仕組みも。

トヨタはなぜ、コネクテッドカーに力を入れるのか。
そこには、長年愛され、ユーザーの高齢化が進むモデルで、あえて若者を開拓したいという狙いがあるという。

トヨタ自動車・小西良樹氏は、「ユーザーの平均年齢は少し高めになっている。もう一回若い人たちに乗ってもらうために、デザインとか走りとか、スマホをどんどん若い人が使っている世の中で、
そういったものとつながっていく車にしたい」と話す。
「コネクテッドカー」 車社会をどう変える?

コネクテッドカーは多くの自動車メーカーが発表しているが、その特徴は、道路や周辺情報を教えてくれる“コンシェルジュサービス”や、事故、トラブルの際の緊急通報をしてくれる“安心、安全サポート”。
位置情報検索で盗まれても場所がわかる“盗難防止”。

そして、スマホで操作してトランクに宅配物を入れてもらう“宅配ボックス代わり”など、移動手段だけでなく、自宅やオフィスに次ぐ空間になっている。

経営コンサルタントの松江 英夫氏は、「つながる、動く情報端末といった位置付けになっている。
交通情報を事前にとれることによって事故を防止して安全な街づくりに貢献したり、燃料や電池といった燃費を良くしていくことは環境の負荷の低減につながっていく。
また最近面白いのは、走行情報を取ることによって運転するドライバーのリスクを把握して保険料を変えていく。テレマティクス保険と言うが、こういったものにも波及していく。
社会的課題解決へのインパクトも大きいと思う」と話す。

車を他人とシェアすることが浸透しつつある一方、自動運転技術の進歩が加速する自動車業界。
今後、トヨタは2020年までには、日本とアメリカで販売するほぼ全ての乗用車に、車載通信機を搭載する方針だ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00010013-fnnprimev-bus_all

LINE経由で車と会話するイメージ
no title

【車】ベンツの新型・4ドアクーペ「CLS」 7年ぶりの全面改良 流線形強調 お値段799万円(ディーゼル)1038万円から(HV)

カテゴリ:
1: ばーど ★
 独メルセデス・ベンツ日本法人は25日、全面改良された新型4ドアクーペ「CLS」を売り出した。同車種では3代目で、全面改良は7年ぶり。車体のラインを従来型よりシンプルにし、流線形のデザインを際立たせた。ディーゼル車と初設定のハイブリッド車(HV)があり、ディーゼルは799万円(消費税込み)から、HVは1038万円(同)から。

 CLSは2004年に登場後、11年に2代目が発売。これまで世界で約38万台が売れている。今回の全面改良では、デザイン刷新のほか、高速道路の走行時に自動で車線変更ができる機能や、車外からスマートフォンを使って駐車操作ができる機能を標準装備した。

 ディーゼル車には、「Eクラス」にも採用された2・0リットルの直列4気筒ターボエンジンを搭載。エンジンピストンの摩擦を低減したことで、先代よりも出力性能が向上し、よりスムーズな加速が可能になった。

 一方、今月発覚した独ダイムラーの排ガス不正問題について、同法人の上野金太郎社長は発表会後、報道陣の取材に「日本で販売している車種への影響は、中身に関して詳細がわかっていない段階なので、もうしばらく時間をもらいたい」と話した。

no title

no title

no title

no title


2018年6月25日14時18分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL6T46DYL6TULFA00D.html

【自動車】Apple・Samsung・BMWなどでスマホを自動車の「デジタルキー」として使う取り組みが進行中

カテゴリ:
lincoln-aviator-phone-as-key-ogi
1: ノチラ ★
最新の自動車にはスマートフォンを使ってカギを施錠したり解錠したりする機能が搭載されていますが、スマートフォンや自動車を横断して使用できるような標準の機能は存在しません。しかし、ありがたいことに多くのハイテク企業と自動車メーカーが標準機能となるものの開発に取り組んでいることが明らかになっています。

Apple・LG・Samsung・パナソニック・アウディ・ゼネラルモーターズ・BMW・ヒュンダイ・NXP・Qualcomm・フォルクスワーゲンといった企業を含む70社以上が参加する、デジタルキーの標準化を目指すコミュニティ「Car Connectivity Consortium(CCC)」が、デジタルキー 1.0の仕様を発表しました。

CCCが標準化を目指すデジタルキーの使用事例は以下の通り。以下の条件を満たしたデジタルキーの標準化をCCCが目指すものと思われます。

Digital Key - Car Connectivity Consortium - Car Connectivity Consortium
https://carconnectivity.org/digital-key/

・スマートデバイスが車両に近づいた際に、車両を解錠する
・車両を施錠する
・スマートデバイスを使って車両内でエンジンを始動できる
・ユーザー認証機能が実装されている
・デジタルキープロビジョニング
・デジタルキーを失効できる
・車両を販売できる
・リモートのP2Pでデジタルキーの共有が可能
・デジタルキーのプロパティキーの使用を制限・共有できる

公開されたデジタルキー 1.0の概要は以下の通り。以下の図にある通り、デジタルキーではNFCやBLEといった無線通信プロトコルが採用され、自動車の近くにいるだけで自動あるいは手動でカギを施錠・解錠できるようになります。また、相互運用可能なデジタルキーを目指した堅牢なエコシステムの構築が目指されており、既存の「Trusted Service Manager(TSM)」インフラストラクチャーを基に車両OEMがデジタルキーの実装を安全に行えるようなものになっているとのことです。

デジタルキー 1.0ではカギの共有についても記述されており、これを用いることでオーナーが自動車を使用しない際にデジタルキーを友人に渡し、自動車を貸し出すことも可能となります。また、CCCによるデジタルキー 1.0ではNFCの距離制限とデバイスのセキュアな要素への直接リンクを活用することで、車両アクセスにおける最高レベルのセキュリティを保証しているとのことです。

なお、CCCは2019年第1四半期にデジタルキー 2.0をリリースすることを目指しており、これと同時にスマートデバイス間の標準化された認証プロトコルの提供も開始する予定です。デジタルキー 2.0を採用することで、アダプター開発コストを削減し、さまざまなスマートデバイスと車両間の相互運用が保証されるとしています。
https://gigazine.net/news/20180623-apple-samsung-bmw-digital-car-key/

日産 フェアレディZ に2019年型、3万ドル切るベース価格を維持

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(宮崎県) [US]
no title

日産自動車の米国法人、北米日産は5月29日、『370Z』(日本名:『フェアレディZ』)の2019年モデルを発表した。
2019年モデルには、「ヘリテイジエディション」を継続設定。同車は、米国のスポーツカーのアイコン的存在、初代『ダットサンZ』が1969年にデビューして、
50周年を迎えたことを記念したモデル。
ボディカラーは、シケインイエローとマグネティックブラック。シケインイエローの場合、ボンネットやボディサイドに、グロスブラックのストライプが添えられる。
また、ドアミラーカバーはブラック。インテリアは、イエローのトリムが配されている。
2019年モデルでは、このヘリテイジエディションに、ディープブルーパールとパールホワイトの新色を設定。さらに、リアビューモニターを採用した
オートディミングバックミラーを標準装備する。2019年モデルのベース価格は、2万9990ドル(約325万円)と、3万ドルを切る価格を維持している。

いかそ
https://response.jp/article/2018/05/30/310299.html#cxrecs_s

【国際】GMの自動運転開発に2400億出資 ソフトバンク系ファンド

カテゴリ:
1
1: ムヒタ ★
アメリカの大手自動車メーカーGM=ゼネラル・モーターズは31日、自動運転の開発を行っている部門が、ソフトバンクグループなどが設立したファンドからおよそ2400億円の出資を受けると発表しました。

発表によりますとソフトバンクグループがサウジアラビアの政府系ファンドなどと設立したファンドは、GMのグループ会社「GMクルーズホールディングス」に22億5000万ドル、日本円にしておよそ2400億円を出資します。

GMクルーズはIT企業が集積するサンフランシスコに拠点を置き、自動運転の研究や開発を行っています。

出資は自動運転の開発の進捗(しんちょく)に応じて2段階で行われ、GMは、豊富な資金を元手に開発を加速させ、来年にはハンドルやブレーキペダルがない自動運転の車を市場に投入するとしています。

ソフトバンクはアメリカの配車アプリ最大手で自動運転の開発を行っているウーバーに巨額の出資をしているほか、人工知能に不可欠な半導体を供給するアメリカの企業、エヌビディアにも出資していて、市場が拡大している自動運転の分野で急速に存在感を高めています。
6月1日 5時55分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180601/k10011460791000.html

このページのトップヘ

見出し画像
×