カテゴリ

カテゴリ:メーカー

【海外/経済】ポルシェが乗り換え自由の新サービス、月額2千ドルから

カテゴリ:
1232104
1: 2017/10/12(木) 17:26:10.32 ID:CAP_USER9
独自動車メーカー、ポルシェは12日までに、米ジョージア州アトランタ周辺を対象に、毎月一定の金額を支払うと、利用者が好きな車種をいつでも利用できるようになる新サービス「ポルシェ・パスポート」を発表した。

例えば、ひと月2000ドル(約22万5000円)を支払えば、「718ボクスター」や「ケイマンS」「マカンS」「カイエン」といった車種から好きなものを選べる。好きな時に車種を変更することも可能だという。

利用者はスマートフォン用アプリを利用してディーラーにいつ、どこに新車を送り届けてほしいか通知する。利用者のもとに新車が届けられるが、私物は全て積み込まれており、ラジオのプリセットや電話などもすべて、利用者の好みに設定済みだという。

2000ドルの中には保険や税金、登録料などが含まれている。

さらに月額3000ドルのコースでは、より高級な車種も利用できるようになる。選べる車種は、「911カレラS」や「パナメーラ4S」「マカンGTS」「カイエンSEハイブリッド」など。

ポルシェは独フォルクスワーゲン(VW)の子会社。アトランタには米国本社がある。

同様のプログラムは米ゼネラル・モーターズ(GM)も4月に発表。ニューヨーク市で試験運用を行っている。

ソース/CNN
https://www.cnn.co.jp/business/35108605.html

【残業】トヨタ自動車、一部社員向けに残業手当て固定(17万)の人事制度導入へ。これで生産性が上が

カテゴリ:
1: 2017/10/15(日) 10:17:05.20 ID:OavntcNr0● BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
トヨタ自動車が新人事制度導入へ
10/14(土) 18:14配信
CBCテレビ

※本人が希望し承認されれば、実際の残業時間に関係なく17万円(残業手当45時間分)を支給
※残業が45時間を超えた場合、手当は上乗せ

トヨタ自動車は入社10年目以降の社員を対象に、実際の残業時間に関係なく、毎月17万円を残業手当として一律に支給する制度を導入することを決めました。
新しい制度は14日、トヨタ労組の定期大会で採決され、入社10年目以降の主任職は本人が希望し承認されれば、実際の残業時間に関係なく17万円を支給されます。
これは、主任職の平均で残業手当45時間分にあたり、残業を少なくすればするほどメリットがある仕組みです。残業が45時間を超えた場合、手当は上乗せされます。
導入は今年12月の予定で、トヨタ自動車は「賃金は労働時間の対価であるという考えを払拭し、メリハリある働き方につなげたい」としています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00004452-cbcv-soci
no title

【技術】ポルシェ パナメーラ 新型に「ナイトビジョン」搭載…暗闇で300m先の生物を検知

カテゴリ:
1: 2017/10/17(火) 16:06:52.71 ID:CAP_USER9
ポルシェは10月16日、新型『パナメーラ』に搭載される先進運転支援システム(ADAS)のひとつ、「ナイトビジョンアシスタント」の内容を発表した。ナイトビジョンアシスタントは、夜間に走行する時のドライバーの視認性を高める安全装置だ。

新型パナメーラのLEDマトリックスヘッドライトは、夜間の暗闇を明るく照らし出す。ポルシェダイナミックライトシステムプラスでは、夜間の照射距離は、最大200mに達する。ナイトビジョンアシストでは、暗闇の中でも300m先の人や大きな動物を検知し、ドライバーに充分な警告を与えることができる。

新型パナメーラのフロントに装備された赤外線カメラは、すべての生物が発する赤外線を記録。コントロールユニットが生物の熱の違いを画像から計算し、それをメーター右側のディスプレイに送信。カメラが人や動物を検出するとすぐに、白黒画像の黄色の枠ではっきりと強調表示される。

ドライバーは直感的に色の変化に気付くため、警告効果を発揮。危険な状況にある場合、マーキングは黄色から赤色に変化する。ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)システムがコンテンツを表示していても、PCMはナイトビジョンアシストの画像を自動的に表示する。

さらに、できるだけ素早く減速できるように、ドライバーに気付かれることなくブレーキの作動準備が事前に整えられる。ナイトビジョンアシストは暗闇の中で自動的にオンになり、250km/hの速度まで作動する。

http://s.response.jp/article/2017/10/17/301173.html
no title

ポルシェ パナメーラ新型
no title

no title

ロシア車メーカー、120万円の「スポーツカー」発売へ

カテゴリ:
1: 2017/10/06(金) 20:38:54.58 ID:iWF4EQc90 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
no title


 大胆にも「クリミア」と命名された、ピカピカの新型コンバーチブルは、見た目は、ポルシェ・ボクスターやロータスに
似ているが、お値段はお笑いの、たった約120万円。実は、これはロシア国産車「ラーダ」をベースにしているのだが、
誰も決してそうは思うまい。

 この車のデザインは大胆だ。コンパクトで、光沢のあるオレンジと黒のコンバーチブル、スポーティーなスタイル。
エンジンは後部に配置されている。その思い切った外観からして、ベースがロシア車「ラーダ・カリーナ」だとは、
よもや誰にも分かるまい。ところが実は、新型スポーツカーのコンポーネントの70%は、ラーダのそれなのだ。

 この誇らしげに「クリミア」と命名された新スポーツカーが、ありふれた大衆車「ラーダ・カリーナ」に基づいているとは、
誰も思うまい。その華麗なデザインには、ロシア人が国産車の名をふつう連想するようなものは皆無だ。

 とはいえ、この車のエンジニアによれば、このモデルは、ラーダの生産ラインから事実上独立しているという。
いざというときは、これと同じ車が、エンジニアの要求に合いさえすればだが、ほかのどんなプラットフォームでも
組み立てられる。

 このロシア国産コンバーチブルには、VIP、平均、エコノミーの、3つの異なる価格帯がある。外国の類似のモデルとは
違って、価格のカテゴリーごとに、基本デザインのバリエーションの範囲を越えた、機能的な差異がある。例えば、
VIPモデルは、より重くて、より強力なエンジンを備えている。

 とはいえ、「より強力なエンジン」という売り言葉は、あまり真に受けないほうがいいかも。マスコミ報道によれば、
この新型車の排気量1.6Lのエンジンは、ささやかな106馬力しかない。車の軽量さ(900kg未満)が、馬力不足を補いは
するものの、この“スポーツカー”が100 km/hに達するまでには、8.5秒もかかる。

 で、今のところ、エンジニアたちは、このスポーツカーの需要を把握し、それに応じて価格帯とデザインを調整しよう
としているが、マスコミのほうは、新型車の価格を11000㌦(約120万円)と見積もっている。

https://jp.rbth.com/science/79203-sportcar-crimea

【トヨタ】日本最高級車「センチュリー」3代目を公開!21年ぶりフルモデルチェンジ ハイブリッドエンジン搭載 2018年発売予定

カテゴリ:
1: 2017/10/05(木) 15:16:23.16 ID:CAP_USER9
トヨタは同社の最高級セダン「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジし、
3代目となる新型センチュリーを初公開した。

日本の皇族公用車にも使われているトヨタ センチュリーだが、「匠の技」「高品質のものづくり」を
3代目となる新型センチュリーへ伝承しつつ、昨今の市場ニーズに合わせ、高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージを実現。
新たな内外装デザイン、ショーファーカーとしての先進装備・快適装備の採用に重点を置き、開発されたという。

現行モデルに搭載されているセンチュリー専用のV12エンジンは廃止され、
新型センチュリーでは低燃費・高出力化を実現するトヨタの直噴技術「D-4S」を採用した5リッターV8エンジンを搭載。
ハイブリッドシステム(THSII)を組み合わせることで、クラストップレベルの低燃費を追求した。
さらに、トランスミッションには2段変速式リダクション機構を搭載し、静かで滑らかな走行を実現させた。

また、ホイールベースの拡大、フロアの低段差化、ドア開口高さの拡大を実施するなど、
ショーファーカーにふさわしく後席優先のパッケージに磨きをかけた。
エクステリアデザインは、グリルなど随所に施された七宝文様や、
リアコンビネーションランプのガーニッシュ部の黒色化などで、精緻な華やかさ・落ち着きを表現。
インテリアデザインは、折り上げ天井様式を取り入れ専用織物をあしらい、
リアシートには座り心地を追求したリフレッシュ機能付アジャスタブルリアシートを採用。心地良さと格の高さを実現している。
専用チューニングを施したサスペンションや高剛性ボディに加え、
乗り心地に特化した新開発タイヤを採用するなど、路面から伝わる振動を抑えることで、走行安定性と上質な乗り心地を両立。
安全面でも、トヨタの衝突回避支援システム「トヨタ セーフティセンスP」を始め、
ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラートなど最先端の安全装備を採用している。

なお、新型センチュリーは、2017年10月25日から11月5日まで
東京ビッグサイトで開催される東京モーターショー2017において初披露され、2018年年央に発売される予定となっている。

■新型センチュリー主要諸元
全長×全幅×全高:5335mm×1930mm×1505mm
ホイールベース:3090mm
トレッド フロント/リア:1615mm/1615mm
エンジン型式:2UR-FSR
エンジン排気量:4968cc
バッテリー:ニッケル水素

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00010004-autoconen-ind

新型センチュリー イメージ画像
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

トヨタ Tjクルーザー、世界初公開へ…VANの積載性能とSUVの力強いデザインを融合

カテゴリ:
1: 2017/10/07(土) 09:37:59.68 ID:e7VOOb2R0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
トヨタ自動車は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」で、
新ジャンルのクロスオーバーコンセプト『Tjクルーザー』を世界初公開する。

Tjクルーザーは、バンの積載性能とSUVの力強いデザインとを融合させた新ジャンルのクロスオーバーコンセプト。

外観は、バンのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤによるしっかりとした足回りと、力強いフロントビューを融合。
ボンネットとルーフ、フェンダーなどには、無造作に物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)を採用した。

ボディサイズは、全長4300×全幅1775×全高1620mm。次世代のTNGAプラットフォームに2リットルクラスのエンジンとハイブリッドシステムを搭載し、
駆動方式はFFおよび4WDを想定している。

https://response.jp/article/2017/10/06/300770.html
http://response.jp/imgs/p/56oGn2WtL4z7G1o8nWGUmoRN9kG1QkNERUZH/1230358.jpg
no title

no title

no title

no title

no title

no title

このページのトップヘ

見出し画像
×