カテゴリ

カテゴリ:メーカー

【自動車】名前は『セナ』…マクラーレンの新型スーパーカーは史上最強の800ps、価格は1億1385万円

カテゴリ:
1: ハンバーグタイカレー ★
https://s.response.jp/article/2017/12/11/303545.html

英国のマクラーレンオートモーティブは12月10日、マクラーレン『セナ』を発表した。伝説のF1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠した新型スーパーカーとなる。

マクラーレン・セナは、マクラーレンオートモーティブの「アルティメットシリーズ」の最新作。中核モデルの「スーパーシリーズ」(『720S』)の上に位置するアルティメットシリーズ最新作は、生産を終了したマクラーレン『P1』の後継車として登場した。公道とサーキットの両方で、優れたパフォーマンスを発揮することを目指す。

マクラーレン・セナは、ミッドシップに4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最大出力800ps、最大トルク81.6kgmを発生する。このスペックは、マクラーレンの市販車としては、史上最強となる。トランスミッションは7速デュアルクラッチ。

また、第3世代の「カーボンファイバーモノケージ」の採用をはじめ、すべてのボディパネルをカーボンファイバー化。これにより、車両重量は『マクラーレンF1』(1993~1998年)以来、最も軽量な1198kgとした。パワーウェイトレシオは、およそ1.49kg/ps。

なお、現時点では、加速性能や最高速などのデータは公表されていない。マクラーレン・セナは、世界限定500台を生産する計画。英国での価格は、75万ポンド(約1億1385万円)と発表されている。 
no title

no title

no title

no title

no title

no title

【自動車】皆様に愛されて50年、ハイエース快走 5代目改良、燃費14%改善

カテゴリ:
1: ハンバーグタイカレー ★
http://www.asahi.com/articles/ASKCQ466MKCQOIPE00N.html

 トヨタ自動車は、今秋に50周年を迎えたワンボックス車「ハイエース」を一部改良し、12月1日に売り出した。盗難を防ぐアラーム装置や自動ブレーキシステムを標準装備する。

 初代の発売は高度成長期の1967年。雨やほこりで汚れない荷室のある車が求められていた。トラックとの違いを強調しようと、乗用車コロナに似たデザインを採用した。発売の半年後にはスライドドアをトヨタ車で初めてつけた。

 荷室の広いバン、乗用車のように使えるワゴン、客席を増やしたコミューターの3種類を展開。後のミニバンのように、レジャー向けにも使われた。

 丈夫さや修理のしやすさはアジアやアフリカの新興国でも人気を呼び、国内外の販売累計は633万台。チーフエンジニアの野村淳氏は「海外では信じられないくらいの人数を1台に乗せることもある。国によっては『トヨタ』より『ハイエース』の方がブランド価値が高い」と話す。

 いまの車両は2004年発売の5代目で、これを一部手直しした。

 最もたくさん売れるとみているモデルは消費税込み298万4040円。新型の2・8リットルエンジンを載せた2駆のディーゼル車だ。3リットルエンジンを載せた一部改良前のモデルより燃費は14%改善する。価格は20万円ほど高い。

 トヨペット店で扱い、ネッツ店では、ほぼ同じ型の「レジアスエース」を販売する。(山本知弘)

no title

2005年
no title

1989年
no title

1982年
no title

1977年
no title

1967年
no title

マツダの株価下落が止まらない 今なら買収できそう?

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB]

日経平均株価が23000円迫ろうとしている中、
自動車株は冴えませんが、特に際立って下げているのがマツダ。
直近の株価で1500円。
11月28日には1467円、年初来安値を更新しておりました。

no title


マツダの時価総額は、947,706百万円。
買収しようと思えば4800億、傘下にしようと思えば3200億あれば可能なわけで、この程度の額なら、ポンッとだせる企業は多いのではないでしょうか?

http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/52548355.html

【車】ランボルギーニ、スーパーSUV「ウルス」発表 最高時速305キロ 3.6秒で時速100キロまで加速 お値段2300万円

カテゴリ:
1: ばーど ★
no title


【12月5日 AFP】イタリアの高級スポーツ車メーカー、ランボルギーニ(Lamborghini)は4日、北部ボローニャ(Bologna)近郊にある本社で、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「ウルス(Urus)」を発表した。高級車がひしめき急成長を見せるSUV市場に参入する。

 ランボルギーニが「スーパーSUV」と呼ぶウルスの最高時速は305キロ。静止状態から3.6秒で時速100キロにまで加速でき、時速100キロから停止までに必要な距離はわずか33.7メートルだ。

 ランボルギーニのステファノ・ドメニカーリ(Stefano Domenicali)最高経営責任者(CEO)は、ウルスの製造は「あらゆる面で挑戦だった」と話す。また、研究開発責任者マウリツィオ・レジアーニ(Maurizio Reggiani)氏はウルスについて、「オンロードはもちろん、オフロード、氷上、砂丘など、あらゆる地形で走行可能だ」と話し、最速のSUVになるとアピールした。

 ウルスの欧州での販売価格は税抜き17万1500ユーロ(約2300万円)。(c)AFP

配信2017年12月5日 10:41
AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3154149

他ソース
ランボルギーニ ウルス 発表…新型SUVは650hp V8ツインターボを搭載(2017年12月5日)
https://response.jp/article/2017/12/05/303329.html

【自動車】トヨタ、SUVコンセプトカー「FT-AC」公開 幅広タイヤでオフロードに自信

カテゴリ:
1: ノチラ ★
no title

トヨタ自動車は11月30日、米国で開催のロサンゼルス自動車ショー向けにスポーツ用多目的車(SUV)のコンセプトカー「FT-AC」を公開した。アウトドア志向が強いドライバーに訴える装備が特徴だ。

 車名のFT-ACはFuture Toyota Adventure Conceptの頭文字から取っている。このコンセプトカーは、ベストセラー車「RAV4」を持つトヨタの方向性を示している。トヨタは9月、アウトドア仕様のRAV4「アドベンチャー」を発表した。

 RAV4のアドベンチャー仕様はぬかるみでの走行でもさほど違和感は感じないようにみえる。FT-ACはさらにオフロードでの運転もより信頼が置けそうだ。フロントの牽引(けんいん)フック、フォグランプのほか、幅の広いタイヤ、岩などの障害物から車体を守るクロームスキッドプレートが目を引く。

 サンディエゴの市場調査会社ストラテジック・ビジョンのアレクサンダー・エドワーズ社長は、シンプルさと信頼性を追求して数十年にわたる発展を経たトヨタは、人気のある車種でパフォーマンスがより高く革新性を求める消費者の要求に応えようとしていると指摘する。

 さらに「思い切りが良く、より先進的なスタイルで装備が充実した製品を提供すれば、このブランドを次のレベルに引き上げることにつながり得る。これが正しい行動であることは明らかだ」と語った。(ブルームバーグ John Lippert)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/171202/bsa1712020500004-n1.htm

【冬到来】猫バンバンの季節!米国ではトヨタ車からボブキャット見つかる

カテゴリ:
1: ばーど ★
12月に入り、本格的に寒さが厳しくなってきたが、車でのお出かけ前に忘れちゃいけないのが、エンジンルームやボンネットに潜り込んで暖をとる猫の事故を防ぐ「猫バンバン」。ところ変わって米国では、フロントグリル内に怯えたボブキャットが潜んでいた!

「猫バンバン」は日本自動車連盟(JAF)や日産自動車が推奨するドライバーに向けて呼びかけている乗車前の新しいマナー。

朝晩の冷え込みが厳しい季節になると、猫は暖かさを求めて駐車中の車に潜り込ことが多い。気づかずに発進した場合、パニックを起こした猫が回転部分に巻き込まれたり、エアダクトに吸い込まれてしまうなどの痛ましい事故を防ごうと、乗車前にボンネットを叩いたり、車体をユサユサ揺らしたりして確認する作業のことだ。

感謝祭の祝日だった先月23日、米東部バージニア州リッチモンドで大学の駐車場に停めた直後のプリウスに、生きたボブキャットが潜んでいるのが見つかった。

この車の持ち主の女性はその日の朝にグロスターから出発して80キロを運転し、大学構内の駐車場に到着後、愛車のフロントグリル内に野生生物が体を縮めているのを発見。すぐにリッチモンド市の動物レスキュー隊が駆けつけ、ボブキャットを助け出し、バージニア州の野生動物病院に連れて行った。

ボブキャットはひどく興奮していて、背中に大きな切り傷を負っており、高熱を発していた。傷口からは筋肉と靭帯が露出していて、胸が強く圧迫されたせいで肺が潰れて肺挫傷を負う重傷だった。

傷を綺麗に縫合し、懸命の治療を行なった結果、心配していた失明や頭部外傷はなく、いまではかなり元気を取り戻していると言う。ボブキャットを救ったアレクサ獣医は、「感謝祭の奇跡です!順調に回復すれば、1ヵ月後には退院できるでしょう」と話している。

米国でも猫バンバンの普及を!(Richmond Animal Care and Control)
no title

レスキューされたボブキャットを心配そうに見つめる獣医師たち
no title

病院で回復中のボブキャット。当初は、与えられたエサを食べようとしなかったが、いまではだいぶ警戒心を解いたと言う
no title


配信2017年12月02日 08時00分
ハザードラボ
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22938.html

【車】トヨタ ラッシュ 新型、インドネシアで発表…ダイハツからOEMの小型SUV

カテゴリ:
1: ばーど ★
トヨタ自動車のインドネシア法人、PTトヨタアストラモーターは11月23日、コンパクトSUVの新型『ラッシュ』を発表した。

ラッシュは日本国内において、2006年に発売された小型SUV。ダイハツ『ビーゴ』のOEMモデルだった。2016年3月、日本国内での販売を終了。しかし、インドネシアなどの一部海外市場では、引き続き販売されてきた。

今回発表された新型ラッシュは、同日、インドネシアでダイハツが発表した新型『テリオス』のトヨタ版。現地で人気の7名乗りの小型ミニバン、トヨタ『アバンザ』の車台をベースに開発された。

エンジンは、「2NR-VE」型1.5リットル直列4気筒ガソリン。駆動方式はFR、トランスミッションは5速MTとした。ボディサイズは全長4435mm、全幅1695mm、全高1705mm。3列シートを装備しており、乗車定員は7名となる。

no title

no title

no title


配信2017年11月24日(金) 08時30分
レスポンス
https://response.jp/article/2017/11/24/302892.html

ホンダシビックタイプR トップギアでカーオブザイヤー独占の快挙

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB]
sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
Honda Civic Type Rは、BBC TopGear誌のCar of the Yearで、
ハットトリックの優勝を飾った。
内訳は、
ホット・ハッチオブ・ザ・イヤー、
インターナショナル・エディターズ・オブ・ザ・イヤー、
そして最高賞であるカー・オブ・ザ・イヤー。

BBC TopGear誌は、
「Civic Type Rは今年のベスト・ホット・ハッチではなく、今年のベスト・カーだ」と語った。

https://youtu.be/1O9zwSRcA50


no title

このページのトップヘ

見出し画像
×