カテゴリ

カテゴリ:修理・整備・改造

(^ν^)リアガラスに貼って後続車に絵文字で感情を伝えるデバイス「CarWink」 m9(^Д^)

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(禿) [CN]
sssp://img.5ch.net/ico/gomi1.gif
後ろを走るドライバーと「絵文字」でコミュニケーション

no title

no title


車の合流で道を譲ってもらった。
後続車や歩行者に危険を知らせたい。
そんなタイミングはたびたびあります。
でも、手を振ったり、ハザードランプを使うといったサインだけでは、見えなかったり、意思の疎通を図るのが難しいことも。
そんな状況を改善するために生まれたのが「CarWinks」。
絵文字で相手に感情を伝えるデバイスです。

CarWinkはスマホアプリと連動させて使用します。
とはいえ、ドライバーの声に反応して適切な絵文字を選んでくれる音声入力機能があるので、手で操作する必要はありません。(それでももちろん注意は必要です)

必要な面積はリアガラスの7%~12%程度。
後方確認の妨げにならない場所を選ぶ必要はありそうです。
充電はUSBでもできますが、日中は内蔵のソーラーパネルで充電が可能。

絵文字の種類も豊富です。
感謝の気持ちを表すものはもちろん、車に赤ちゃんが乗っていることや、前方で事故が起きたことを伝えるものもあります。

現在は英語のみに対応しているとのこと。
日本語に対応し、国内上陸を果たせば、ドライバー同士のコミュニケーションがもっと円滑になるかもしれません。

https://tabi-labo.com/285734/journey-carwink

4千万円の宮内庁オープンカー、2回しか使ってないのに廃車寸前 部品がなく、車検も通しておらず

カテゴリ:
AS20180429002025_comm
1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US]
4千万円の宮内庁オープンカー、走行困難に 使用は2回

28年前、即位後のパレード用に約4千万円で購入したロールスロイス社製のオープンカーが古くなり、
走行困難になっていることがわかった。2回しか使われていないが、整備用の部品が手に入らず、
宮内庁の車庫に眠ったままという。今回のパレードで新天皇、新皇后を乗せる車をどうするか。
経費節減が求められる中、政府関係者は頭を悩ませている。

1990(平成2)年11月12日午後、燕尾(えんび)服とローブデコルテに身を包んだ天皇、皇后両陛下は
ピカピカの黒いオープンカーに乗り、沿道の人たちに手を振った。昭和天皇の即位の時は馬車だったが、
馬は不測の事態で制御困難になるリスクもある。警備上、より安全な車を使うことになり、当時の総理府が
購入した。

車はその後、宮内庁の管理下に入り、93年の皇太子ご夫妻のご成婚パレードでも使われた。だがその後、
行事などで用いられたことはない。来年の代替わりで久々の「晴れ舞台」かと思いきや、管理する同庁車馬課に
よると「すでにメンテナンスのための部品が手に入らず、久しくエンジンをかけていない」。時々職員が車体を
磨いているが、車検も通しておらず、公道を走れる状態にないという。

続きは会員限定
朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASL4Y5GRTL4YUTIL019.html

軽バンで車中泊って憧れるよね 動く秘密基地って最高だろ

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB]
「趣味使いグルマ・カスタムゾーン」出展車両チェック!

年に一度の大きなお祭り! “モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ” 4月22日(日)に開催

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12235-48315/
drnv1804_modelista_hiace_103_noahmuconcept_bedmode_02_1280

黒プリウスをシャコタンにする頭の悪い車カスがこちら

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US]
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
車高短プリウスに激オシ!! 「脚のスペシャリスト」が手がけた超薄型ボディキット
https://carview.yahoo.co.jp/news/goods/20180416-10302195-carview/
no title



“USストリート的”遊びゴコロを根ざす 求めた最適解は「純正プラスアルファ」

トヨタ・プリウスに特化したブランドで知られる「スペジール(speziell)」は、USストリート系に特化しているわけではない。
どちらかと言えば、純正プラスアルファなスタイル。さり気なく美しいボディライン構築に、特にこだわりを発揮している。
そんな「スペジール」の姿勢が、足元を軸にスマートに見せたいプリウス乗りに刺さったのだろう。以前から販売する先代の30系プリウス用エアロは、ストリート系では3本の指に入るほどまでに、熱烈な支持を受けた。
今回登場する50プリウス用も、同じ路線となるだけにまた、ストリート系のオーナーにウケることは確実だ。

採用するのは超薄型のリップ形状。これは純正バンパーが車体サイズいっぱいに作られていることが多く、全長&全幅を変えずに済むように、との配慮から。
また、車高をベタ落としにしたとき、純正バンパーと地面にクリアランスが生じてしまうため、これをスマートに埋められる形状にもこだわったという。
さり気なく、純正の物足りなさ感はしっかりと補完してくれる。調整式のアッパーアームやトーもラインアップ、ベタ落としの姿勢のままで快適に走る準備も、万全だ。

純正バンパーのコーナーとコーナーをつなぐようなフロントスポイラーは、さり気ないながらも純正の物足りなさを払拭。エッジ感も上々だ。

トランクエンドに装着するリアウイングも、シンプルでさり気ない薄型仕様。なだらかに跳ね上がる無理のない形状で、自然な躍動感を強調する。

リアに採用するのは全グレード対応のハーフスポイラー。やりすぎない、オトナな薫りが特徴で、マフラーアダプターも付属させた。

デモカーは「エアフォース」のエアサスで美しいロワードを描く。合わせたのは19インチの『ワーク・ジーストST2』は、ガツンとリムが被ったアグレッシブな魅せ方で。

調整式のアッパーアームでリアは7度キャンバー方向に。ピロ化はあえてせず、交換が可能な強化ウレタンカーボンブッシュを採用。美しい足元と走行性能を両立する調整式トーも設定済み。

スペジール for 50プリウス フロントスポイラー ¥49,680 リアスポイラー(マフラーアダプター付) ¥54,000 リアウイング ¥37,800 調整式アッパーアーム ¥32,184 調整式トー ¥15,984 スペジール

このページのトップヘ

見出し画像
×