カテゴリ

カテゴリ:クルマの運転

霊柩車の運転手が明かす「運転時の注意事項」「NGワード」「遺族の珍行動」

カテゴリ:
1: きつねうどん ★
no title


霊柩車の中ではどんな会話がなされているのか?

 世の中にはさまざまな仕事が存在する。霊柩車の運転手歴が30年近くに及ぶ都内在住の男性・Aさんが、普段なかなか接する機会の少ない「霊柩車の運転手の仕事」について教えてくれた。

「私はもともと運送会社でドライバーとして働いていて、30代でこの仕事に転職しました。会社が自宅から近かったというのもありますが、一番の魅力は休みの日と勤務時間がしっかり決まっていることです。友引の日は絶対に仕事はありませんし、火葬場の受付時間に合わせて動くので、深夜や早朝勤務もありませんから」

 運ぶのは遺体だが、法的には遺体は「貨物」となるため、二種免許(>>0�は必要ない(会社によっては、二種免許所持が採用の条件になっているところもある)。Aさんも普通免許しか持っていないが、やはり運転にはプロの技が要求されるそうだ。

【※二種免許(第二種運転免許)は、バスやタクシーなどの旅客自動車で旅客を運送するときや運転代行業務の際に必要となる運転免許】

「大事な御遺体を運ぶわけですから、発進や停止には細心の注意を払います。制限速度や一時停止などといったルール厳守は当然ですし、間違っても黄信号で交差点に突っ込むようなことはしません。重要なのは、火葬場に時間どおりに着くことです。早く着きすぎても火葬場には火葬場のスケジュールがありますし、もちろん遅れてもダメ。携帯電話がなく無線も付いていなかった頃は、公衆電話から『○○分遅れます』と電話したこともありました」

「とにかく交通ルール通りに運転する」と言うAさん。都内には火葬場は数か所しかなく、交通状況によっては火葬場まで1時間以上かかることがあるが、遺族との会話には、気をつけなくてはいけないポイントがあるそうだ。

「お迎えにあがったり、霊柩車に同乗された御遺族に、葬儀や火葬に関することを聞かれることが非常に多いので、葬儀一般のルールについては勉強する必要があります。宗旨によって作法が異なることもあるので、そのあたりも勉強しています。

 また、どれだけ天気が良くても、『気持ちが良い天気』とか『晴れて良かった』とか『絶好の……』などの言い回しは絶対に禁句です。悲しみに暮れている御遺族に失礼にあたります。その他『続く』『追う』『また』『重ねて』など、不幸が重なるような表現も使わないのがマナーです」

 助手席に乗った遺族の中には、泣き続ける人、憔悴しきった表情で俯く人がいる一方で、爆睡する人、携帯をいじりっぱなしの人、故人の悪口を言い続ける人、香典の中身をチェックする人など、様々なよう。近年では、「霊柩車に乗った私」をスマホで自撮りしてSNSに投稿する人もいるそうだ。

https://www.moneypost.jp/289108

オートマ全盛の今でも左足ブレーキが普及しない理由とは

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(雲の流れる霊峰) [ニダ]
サーキット系モータースポーツの入門カテゴリーであるカートから、F1などのフォーミュラマシン、スーパーGTのレーシングカーなどでは右足がアクセル、
左足でブレーキを踏むという操作系がスタンダードになっている。

一方で、公道を走る市販モデルではアクセルとブレーキは右足で操作することが標準的で、ATでは左足は使わない(MTではクラッチ操作専用)
というドライビングスタイルが、オーソドックスなものとなっている。教習所でAT限定免許を取る際にも右足でアクセルとブレーキの両ペダルを操作するように教えられている。

左足ブレーキを使っているドライバーに言わせると、「練習が必要なほど難しくはない」という。そこにおそらく嘘はない。カートに乗ったことがあれば
わかるだろうが、いきなり左足でブレーキを操作することになっても、さほど苦労することなく運転できてしまうものだ。MT車の運転では左足は、
微妙なクラッチ操作を担当しているのだから器用さでは右足とは変わらない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00010000-wcartop-bus_all
教習所では右足でアクセルとブレーキの両ペダルを操作するように教えられるが……
no title

【画像】新型スズキ『ジムニー』に悪路で無茶な走行をしてみたら確実に進歩していた

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US]

オフロードや業務を含む悪路走行において、シンプルな構造、低いメンテナンスコストは、馬力やトルク以上のパフォーマンスを発揮する。
なんらかのLSD機構と独立ブレーキ制御を組み合わせている車種も存在するが、シンプルさやコスト面ではジムニー方式のほうが有利だろう。

https://response.jp/article/2018/07/06/311625.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

このページのトップヘ

見出し画像
×