カテゴリ

カテゴリ:事故・事件

【福岡】月に2度の“無免許運転” 医師の男を逮捕 家族で食事に向かう途中に発覚 「捕まらなければ大丈夫だと思っていた」

カテゴリ:
mumenkyotaiho
1: ニライカナイφ ★
◆月に2度の“無免許運転” 医師の男を逮捕 家族で食事に向かう途中に発覚 「大丈夫と思った」 福岡市

「捕まらなければ大丈夫と思った」

6月、無免許運転で摘発された福岡市の医師の男が、再び無免許で運転し、現行犯逮捕されました。
逮捕されたのは、福岡市中央区の医師、夏秋伸平容疑者(38)です。

警察によりますと、夏秋容疑者は24日、福岡市中央区小笹で、運転免許がないにもかかわらず普通乗用車を運転しました。
夏秋容疑者は免許が4年前に失効し、今月3日にも無免許運転で摘発されたばかりでした。

車の特徴を覚えていたパトロール中の警察官が職務質問をして2度目の無免許運転が発覚しました。
夏秋容疑者の車には家族も乗っていて、食事に行く途中だったということです。
警察の調べに対し、夏秋容疑者は「捕まらなければ大丈夫と思っていた」と容疑を認めています。

テレビ西日本 2018/6/25(月) 17:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00000003-tncv-l40



【三重】「割り込まれ腹立った」高速のSAで相手の車に1mにわたって鍵で傷つけた男逮捕

カテゴリ:
a7878890f4a407a30b0469aacefbdc32
1: たんぽぽ ★
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00003545-tokaiv-l24
東海テレビ

 三重県四日市市の東名阪自動車道のサービスエリアで、交通トラブルとなった相手の男性の車に傷をつけたとして会社員の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは四日市市の会社員・篠原禎好容疑者(49)です。

 篠原容疑者は29日午後1時ごろ、東名阪自動車道のサービスエリア「EXPASA御在所」で、交通トラブルとなった神奈川県の会社員の男性(50)の車に傷を付けた疑いが持たれています。

 篠原容疑者は男性が車を離れている間に、運転席側の泥除けから後ろのドアにかけて、およそ1メートルにわたって持っていた鍵で傷をつけましたが、戻ってきた男性にみつかったということです。

 調べに対し、篠原容疑者は「高速道路上で前に割り込んできたことに腹が立った」と容疑を認めています。

さっきコントみたいな事故が起きた

カテゴリ:
1: 名無しさん@おーぷん
バイクで走ってたらDQNが幅寄せしてきたからブレーキ
DQNそのままガードレールに車体を擦りつけて停車
ワイもそのまま止まると車からDQN降りてきてワイに逆ギレ
その間に開けっ放しのドアを後続車が跳ねて大惨事
habayose

【京都】巡査、ノーヘルでバイク巡回「帽子で気付かず」

カテゴリ:
07a71ea5
1: 鈴なり ★
 京都府警西京署地域課の20歳代の男性巡査が、勤務中にヘルメットをかぶらずに公用バイクを運転したとして、道交法違反の疑いで交通違反切符(白切符)を切られていたことがわかった。

 巡査は「帽子をかぶっていたので、ヘルメットのかぶり忘れに気付かなかった」などと説明しているという。

 同署などによると、12日午後2時50分頃、京都市西京区上桂東ノ口町の京都市道で、巡査が制服姿でヘルメットを着用せずにバイクに乗っているのを通行人の男性が目撃し、同署に通報した。巡査は地域を巡回中で、ヘルメットがない状態で約200メートル走行していたという。

 福本徹副署長は「再発防止を徹底する」としている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180518-OYT1T50144.html

【お人好し】JAF、中古車業者の要請に従い5年間に816回5100万円分も無料レッカーしてしまう。

カテゴリ:
img_0
1: 名無しさん@涙目です。(空) [US]
JAF使い中古車816回無料運搬、業者を提訴

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00050076-yom-soci

 事故車や故障車を移動させるJAF(日本自動車連盟)の無料ロードサービスを不正利用し、商品の中古車運搬を繰り返したとして、JAFが大阪府内の中古車販売業者らに計約5100万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。

 最も多い被告の利用は、5年間で816回に上るという。7日にあった第1回口頭弁論で、被告側は請求棄却を求めた。

 JAFのロードサービスは、事故や故障などで車が走行できなくなった場合、職員らが急行し、その場で直したり、修理工場などに車を牽引(けんいん)したりするサービス。JAFの会員になると、本来1万~2万円程度の料金が必要な15キロまでの牽引が無料となる。

 被告は中古車販売を手がける経営者や従業員ら5人と販売会社。訴状によると、5人はJAFの会員で、2012年以降の5年間に816~145回の出動を要請。修理工場やディーラー、オークション会場などの行き来がほとんどで、いずれも無料となる15キロ以内の牽引だった。

 JAF側は「迅速な処理のため、要請があれば原則出動し、真偽を問うことなくサービスを提供している」と強調。会員1人当たりの平均出動要請は6年に1回で、5人が突出していることなどから「事業目的での不正利用は明らかだ」と主張し、非会員だった場合に支払うべき料金などを損害とした。

 816回利用したとされる被告の代理人弁護士は取材に対し、「オークション会場で競り落とし、エンジンなどに不具合があるかもしれない車を運んでもらったことがあった」と説明。「元々は運送会社に有料で頼んでいたが、ロードサービスだと無料なので依頼するようになった。何度か使っても、JAFから苦情はなく、契約も更新できていた。不正利用には当たらない」と話している。

このページのトップヘ

見出し画像
×