カテゴリ

カテゴリ:事故・事件

レンタカー屋「貸出時になかった傷があります、弁償ですね」 客「レンタル時に写真撮ったんだが?」

カテゴリ:
1: 47の素敵な(pc?) (3段)
@_SUCOCO
レンタカー借りた時に、旦那が「車の写真撮っといた方がええぞ!」って言うから、仕方なく撮っといたんだよね。
そしたら返却するときに「貸出時になかった傷があります」とか言われて見たら、バンパーの下の方にちっちゃい傷が
写真見返したら、最初からついてた!詐欺られるとこだった
微妙にRT増えたので捕捉すると、借りる時の店員さんと傷のチェック→確認の署名は一緒にしました。
よく目を凝らすか、屈んで近づかないとわからない程度の傷で気付かなかったのです。
確認の署名もしてるし恐らく気付かなかったこっちの落ち度になるので写真は、やはりオススメ
no title

no title


2018年10月20日(土) 21時37分20秒
リツイート: 7,999お気に入り: 8,938
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

【徳島】台風で木の枝折れ駐車場の車破損、小松島市中郷町の市営団地 市、修理費負担撤回 「市は責任を取ってほしい」

カテゴリ:
1: 樽悶 ★
後部ガラスが割れた軽ワゴン車
no title

小松島市が返送した請求書に添えられていた書面
no title


 9月の台風21号の影響で徳島県小松島市営団地の樹木の枝が折れて駐車場の車が破損した際、当初は市が修理すると所有者らに説明していたにもかかわらず、その後撤回していたことが18日分かった。市は誤解を招いたと非を認めた上で「市に法的責任はなく、費用負担はしない」と主張。市職員の立ち会いを経て修理に取り掛かっていた業者は憤っている。

 市などによると、台風21号が県南部に上陸した9月4日、同市中郷町豊ノ本の市営豊ノ本団地の駐車場に止まっていた軽ワゴン車2台に樹木の枝が折れて当たり、後部ガラスが割れたり、車体に傷が付いたりした。

 車を所有、使用していた住民2人が市に連絡。訪れた市住宅課職員から「修理とレンタカーの費用は負担する」などと説明を受けた。このため警察や損害保険会社には連絡しなかった。

 翌5日、2人から依頼を受けた市内の自動車修理会社で、市職員ら立ち会いの下、破損部分を確認。同社はレンタカーを2人に貸し出して修理を始め、見積書を市に提出した。

 見積書を受け取った市が検討した結果、市が費用を負担する事案に該当しないと判断。同社に修理を中止するよう連絡し、所有者2人に負担しない旨を伝えた。納得できない同社は市に修理代とレンタカー代計103万8671円の請求書を郵送したが「お受けすることが出来ません」という書面と共に返送された。

 市住宅課によると、国家賠償法に基づき、市には地震や台風などの大規模災害の賠償義務はないと結論付けたという。

 市住宅課の柏木義雅課長は「当初、市の免責条件などを十分把握せず、期待させる回答をしてしまった。ただ、見積書を出す前に修理を始められると対応のしようがない」と釈明した。

 所有者の女性は「市の説明を信じて修理を依頼したのに」と困惑している。修理会社の社長(71)は「市が費用を払ってくれるのか何度も確認し、信用していた。修理の途中で説明を撤回されて裏切られたような気持ちだ。市は責任を取ってほしい」と怒りをあらわにしている。

徳島新聞 10/19 12:00
http://www.topics.or.jp/articles/-/114184

高速道で変形してるとこ晒された鬼キャン車カス「晒されたらどーゆー気持ちになるか考えた?」

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US]
no title

https://www.bengo4.com/c_2/n_5381/
自動車の車高を低くする「シャコタン(車高短)」などの、ローダウン改造。暴走族の全盛期だった1980年代と比べるとその数は減っているが、今でも愛好家の一部で根強い人気を誇っている。

サスペンションなどを改造して車高を低くするシャコタンのほかに、「キャンバー角(車を正面から見たときのタイヤの傾き)」を極端にして車高を低くする「鬼キャン」と呼ばれる改造もある。

こうした改造については、安全性の面などから問題視する声もあるが、法的には問題はないのか。道交法に詳しい長瀬佑志弁護士に聞いた。

●「ローダウン改造」の全てが違法となるわけではない
「結論から言えば、全てのローダウン改造が違法となるわけではありませんが、国交省が定めた保安基準に適合しない場合は、道路運送車両法に違反することになります」

長瀬弁護士はこのように述べる。どんな基準が定められているのか。

「自動車は、国土交通省令で定める保安上、または公害防止その他の環境保全上の技術基準に適合するものでなければなりません。

道路運送車両法の保安基準では、自動車の車高(最低地上高)については、9センチメートル以上であることが必要とされています。

また、タイヤの位置については、『道路運送車両の保安基準の細目を定める告示』につぎのように規定されています。

『自動車が直進姿勢をとった場合において、車軸中心を含む鉛直面と車軸中心を通りそれぞれ前方30°及び後方50°に交わる2平面によりはさまれる走行装置の回転部分(タイヤ、ホィール・ステップ、ホィール・キャップ等)が当該部分の直上の車体 (フェンダ等)より車両の外側方向に突出していないもの』

難しい言い回しをしていますが、簡単に言えば、車を正面から見たときに、タイヤがフェンダーよりも外にはみ出しているような場合は基準に適合していないことになります。

したがって、『シャコタン』や『鬼キャン』といった改造を施した結果、あまりにも車高が低くなってしまい、最低地上高を満たさなくなってしまうと、道路運送車両法に違反することになってしまいます。また、『鬼キャン』を施した結果、車輪が車体からはみ出してしまっても、違法となる可能性があります」

違法になった場合、ペナルティはあるのか。

「不正改造等の禁止(道路運送車両法99条の2)に該当し、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

また、運輸局長から保安基準に適合する状態に整備するよう命令を受けたり、車の使用を停止するよう命令を受ける可能性があります(同法54条の2)。これらの命令に従わない場合にも罰則が用意されています。

基準に適合するかどうかの計測方法は、保安基準の細目で細かく定められています。全ての改造が違法となるわけではありませんが、どの程度の改造であれば許されるのか、よく相談してから行う必要があるでしょう」

【悲報】女性が運転する車が7メートル下へ落下→下に走ってた電車に衝突する事故

カテゴリ:
1: 風吹けば名無し
線路落下の車と電車が衝突 ドライバーが軽傷 伊賀鉄道

10月31日午前7時50分ごろ、伊賀市上野桑町の伊賀線伊賀鉄道の線路に市内の女性(63)が運転する普通車が転落し、
走行中の伊賀神戸発‐上野市駅行の電車(2両編成)と衝突。女性が頭などを打つ軽傷を負った。
乗客と乗員約200人にけが人は出ていない模様。

現場は同鉄道の桑町駅から北に約350メートル。伊賀署によると車は跨線橋のレンガ塀を突き破って落差約7メートルの線路に落下し、
ドライバーの女性が車外に避難した数分後に電車と衝突した。同鉄道の男性運転士は車に気付いて急ブレーキをかけたが、間に合わなかった。

事故原因について、ドライバーの女性がガレージに駐車しようしてアクセルとブレーキを踏み間違えたのが原因だとみて調べている。
同鉄道によると、運転再開の見込みは立っておらず、上野市駅‐伊賀神戸間はバスによる振替輸送で対応している。
https://www.iga-younet.co.jp/2018/10/31/10290/
no title

名古屋車カス「トンネルにオービスなんてあるわけないだろw」⇚あります。50km/h厳守の高速道

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ]
50キロ厳守の名古屋高速トンネル、取り締まりに新兵器
20181029-00010008-sp_ctv-000-2-view

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000032-asahi-soci

愛知県警が名古屋高速の東山トンネル内で運用を始めた「可搬式オービス」=29日午後1時20分、名古屋市千種区、田中恭太撮影
 名古屋高速2号東山線の東山トンネル(名古屋市名東区~同市千種区、上り約3・2キロ、下り約3・6キロ)で、愛知県警が新たに導入した装置による速度取り締まりが始めた。トンネルでは従来の取り締まり装置が使えなかったが、今回、トンネルでも使える“新兵器”を活用する。

【写真】東山トンネルの入り口には、垂れ幕で「トンネル内50キロ厳守」と呼びかけている=名古屋市名東区、田中恭太撮影

 2003年3月に開通した東山トンネルは、接続する半地下構造部分(吹上西出入口付近~四谷出入口の3・5キロ)を含め、時速50キロに規制されている。

 しかし、守っている車は少ない。名東区側の入り口には「50キロ厳守」の垂れ幕や複数の立て看板があるが、記者が平日午後に50キロで走行したところ、追い越された車は8分弱で67台にのぼった。

 今回、県警が取り締まりに投入するのが、持ち運びができる速度違反自動取り締まり装置で、いわば「可搬式オービス」だ。置いておけば自動的に違反車両を記録する。箱形の本体は奥行き38センチ、幅26センチ、高さ50センチで、三脚に設置する。県警では昨春に2台を導入、生活道路を中心に運用。今年9月にさらに3台が加わった。

【社会】無免許の13歳を車で先導した疑い、男逮捕 1人事故死

カテゴリ:
20181030-171532-1-0002
1: 砂漠のマスカレード ★
7月に岡山市の国道で乗用車がポールに衝突し、乗っていた中学2年の男女5人のうち1人が死亡、4人が重軽傷を負った事故で、
岡山県警は30日、車で先導して無免許運転を手助けしたとして、
岡山市北区富田の無職則枝研二容疑者(40)を道路交通法違反(無免許運転幇助〈ほうじょ〉)の疑いで逮捕し、発表した。

「一緒に走ったが、(少年の一人が)勝手に無免許で運転していた」と先導したことを否認しているという。

県警によると乗用車は少年(当時13)が運転。
則枝容疑者は無免許で運転することを知りながら、「あぶねえけえ、ついていってやる」と言い、少年らの車の前を自分の車で先導するなどした疑いが持たれている。

事故は7月1日午前5時ごろ、岡山市北区青江2丁目の国道30号で起きた。
車は中央分離帯上の金属製のポールに衝突し、同乗していた岡山市の女子生徒(当時13)が頭を強く打って死亡した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15520054/
2018年10月30日 12時47分 朝日新聞デジタル

【裁判】高速道でBMWを時速208キロで運転、事故 裁判官「日本では考えられない速度」被告「私もびっくりしている」…神戸地裁

カテゴリ:
20180128-999-0303
1: かばほ~るφ ★
高速道路208キロで事故 裁判官「考えられない速度」被告「びっくりしている」

高速道路で制限速度(80キロ)を128キロ超す約208キロで車を運転し、
前方の車に衝突し3人に軽傷を負わせたとして、道交法違反と自動車運転処罰法違反
(過失傷害)の罪に問われた神戸市東灘区の会社役員の男(61)に対する初公判が25日、
神戸地裁(安達拓裁判官)であった。男は起訴内容を認め、検察側が懲役1年を求刑し即日結審した。判決は11月1日。

起訴状などによると1月2日朝、芦屋市内の高速道で、外車のBMWを約208キロで運転した上、
神戸市東灘区の高速道でも同じ速度で走行して前方の車に衝突し、3歳児を含む3人に軽傷を負わせたとされる。

検察側は「『早く自宅に帰りたい』『車の性能を試したい』という身勝手極まりない動機」と主張。
裁判官が「日本では考えられない速度」と指摘し、男は「私も(速度に)びっくりしている」
「非常に反省している」と述べた。

神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201810/0011762363.shtml

【ハロウィン】横転させられた軽トラ、運転手は当初「乗れ乗れ」→横転→通報 「ここまでやれって言ってない]

カテゴリ:
1: ばーど ★
※動画【4K】渋谷ハロウィーン 2018/10/28 軽トラ事件の瞬間
https://youtu.be/xDPHNBQvYmk



no title


関連スレ
【東京】渋谷、ハロウィンで暴徒化 奇声あげトラック倒し破壊 乱闘、痴漢、盗撮多発、ゴミ散乱 (動画どんどん追加中)★21
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540792666/

このページのトップヘ

見出し画像
×