カテゴリ:
1: 野良ハムスター ★
マサチューセッツ工科大学(MIT)は車大手BMWと合同で、3Dプリンターで印刷する新型素材を開発している。素材は弾性があり軽量なうえ、空気などを注入して膨らますことができる強度を持つ。

中に空洞が出来るよう液体シリコンを3Dプリンターで印刷する独自技術を用いて、チームは多くの四角いセルからなるシリコンシートを作りあげた。それぞれのセルは中に空気などを注入することで様々な形状に変形する。チームは、車の製造などに用いることができると見ている。

例えば、この素材で作られた車の扉やダッシュボードは事故の際に搭乗者の体形に容易に変形し、エアバックの役割を果たす。そして再びもともとの硬い状態に戻ることができる。現在この素材は実験室で実験されている。「3ders.com」が報じた。

https://jp.sputniknews.com/science/201806034946823/
%20Aerial-AboveSummit-Christopher%20Harting_0

2: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ついでに、空気を抜けば小さく縮むようになればいいな
そんなわけにはいかんかw

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ
人は記憶型と思考型に大別できる

うん、この方向性が王道となるだろうな
車全体のエアバック化

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ
車の中でシコシコしなくてもいい時代がやってくるんだな( ・`ω´・)

7: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ダッチカーの時代が来るのか

8: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ワシのが先進的じゃ。

10年も前から文句も言わず黙々と働いてくれる

空気で膨らむ嫁を持ってるから

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ
空気嫁に使えるだろうか・・・

12: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ドイツメーカーの技術すげえなあ 日本もがんばらないと潰れちゃうよ

13: ニュースソース検討中@自治議論スレ
日本メーカーはもうつぶれるよ

29: ニュースソース検討中@自治議論スレ
>>13
東南アジア、ロシア辺りの中古市場で日本車が強い理由、考えてみよっか

31: ニュースソース検討中@自治議論スレ
>>29
故障しないし直せたから 基本ずっと同メーカー同クラスは同じ型のエンジンだし換えもきくし
だけどもうハイブリッドだの自動ブレーキだの直せなくなるから
あっという間にインドとかの新車に代わるよ

14: ニュースソース検討中@自治議論スレ
モノコック構造の車だと剛性不足でいろいろ問題が出そうだな。
昔のように丈夫なフレームにボディを被せる形になるのかね?

16: ニュースソース検討中@自治議論スレ
うちの息子も持っているよ、それ。
豊島園のプールで使ってる。

19: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ゴムっぽい感じのパーツも作れるってだけか?これ。

21: ニュースソース検討中@自治議論スレ
車全部じゃなくて中の人間周りに使おうってことね
安全対策の一貫か
エアバッグと較べてどれ位効果があるんかな

22: ニュースソース検討中@自治議論スレ
これでリアルやわらか戦車が作れるな

23: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ボディがエアバッグの小型車
https://www.youtube.com/watch?v=lv9fu4eCUM8


24: ニュースソース検討中@自治議論スレ
一方、オイラは空気で膨らむ嫁と暮らしている。

25: ニュースソース検討中@自治議論スレ
軟構造はエアバッグのように乗員保護に使えるかもしれません。
しかしヘルメットの構造をみてください。内側はクッション材がありますが
外側は強固な帽体で覆われています。大質量がぶつかってきた場合それを
跳ね返す強固な骨格が必要でそれがないと潰されるのです。
したがって軟構造だけで自動車を設計できないのです。
新素材の開発は大いに結構ですがこの記事には無理があります。

28: ニュースソース検討中@自治議論スレ
ポイポイカプセルか