カテゴリ:
1: きつねうどん ★
1976年にフェラーリ365GTBBの後継モデルとして誕生したフェラーリ512BB。
当時は日本でスーパーカーブームが巻き起こり、ランボルギーニ・カウンタックに対抗する人気の高さを誇っていました。
しかし、このモデルは単なるブームで人気となったのではなく、フェラーリにとって今後のスポーツカー作りの方向性示す重要な存在でした。

no title


Photo by Mike Roberts

打倒カウンタック!スーパーカーブーム時に衝撃デビューしたフェラーリ512BB

no title


Photo by proby458 (Paul)
1973年、フェラーリ初となる水平対向型12気筒エンジンを搭載した『365GT4/BB』が発売されました。
フェラーリは、それまでのフロントエンジン仕様であるデイトナ(365GTB/4)に代わるリアミッドシップスーパーカーの開発に着手。
リアミッドシップのグランドツーリングカー(GTカー)にはフェラーリ・ディーノがありましたが、12気筒エンジンをリアに搭載したのは365GT4/BBが初めてだったのです。

そんな初の試みが多数なされた365GT4/BBは、計画上では25台のみの限定販売が決まっていましたが注文が殺到し、最終的には387台まで製造・販売。
そして発売から3年後となる1976年に、自動車排ガス規制をクリアするために排気量アップした512BBがデビュー! 外装に大きな変化はありませんが、コストを抑えるために365GT4/BBで使われてきたFRPやマグネシウムなどの一部をスチールやアルミへ置き換えられた分、車体は重くなりましたが、排気量を約600ccも引き上げた4,942ccまで拡大し、最高出力・最大トルクともに大幅アップ! 公称最高速度は302km/hとされ、ランボルギーニ・カウンタックとスーパーカーにおける人気を二分していました。
その後1981年まで製造され、後継モデルに燃料供給をインジェクションへ変更した『512BBi』が発売しましたが、わずか3年間で販売終了になり、後継モデルとしてフェラーリの人気モデル『テスタロッサ』が登場したのです。
ボクサーエンジンか?それとも180°V型エンジンか?

https://twitter.com/gravel8558/status/720187602117091328/photo/1

左180°V型エンジン 右水平対向エンジン pic.twitter.com/RjyVk0x4uE
— 俊@YBR1200G (@gravel8558) 2016年4月13日

512BBという車名は排気量5リッターの12気筒エンジンということから『512』が用いられ、『2ドアクーペ』『水平対向エンジン』を意味する『ベルリネッタ・ボクサー(Berlinetta Boxer)』の頭文字『BB』と組み合わせて『512BB』と名付けられました。

ちなみにエンジンレイアウトとして水平対向型は正しいのですが、厳密には180°のバンク角をもつV型エンジンとされています。
ではなぜ、『水平対向型』を名乗らなかったというと、左右それぞれのピストンが一つのクランクを共有しているからです。
通常ボクサーエンジンは左右関係なくシリンダーそれぞれに個別のクランクが設けてありますが、それに該当しないため『180°V型』が用いられました。
ル・マンを走ったフェラーリ512BB/LM

http://d1cwtk4uktc1h9.cloudfront.net/wp-content/uploads/2018/03/20035429/15783309695_6c015ca82b_k.jpg

3: Ψ
クラプトンはBB全損させてたな

5: Ψ
カッコいいけど、買い出しには使えねーなあ

6: Ψ
ベルリネッタボクサーとかあったね 個性的な車が百花繚乱だった

7: Ψ
ウイング付けないとな

8: Ψ
タイヤ幅が225とか今じゃ普通

10: Ψ
このエンジンはボクサーではない。

11: Ψ
よく燃えるヤツだな
保険には入っているんだろうけど

13: Ψ
この車、大人のカッコよさを感じる
2010年頃は1000万位で売りに出ているのもあったのに、ここ数年で
尋常じゃないレベルで高騰してしまったorz

15: Ψ
スーパーカーの歌ってあったな

16: Ψ
排気音だけのレコード&カセットテープも売ってた

20: Ψ
熱抜けが悪いエンジンだな

23: Ψ
走らすと火事になる車。

24: Ψ
昔のマンガに出てきたゼブラのBBカッコ良かった