アーカイブ

2018年04月

【芸能】窪塚洋介、イケメンすぎるライダーショット バイクを楽しむ姿を披露

カテゴリ:
1: 湛然 ★
2018.04.18 19:03
窪塚洋介、イケメンすぎるライダーショットが話題に

 俳優の窪塚洋介が自身のInstagramを更新。イケメンすぎるハーレーショットが反響を呼んでいる。

 同投稿で窪塚は、ヘルメットをつける姿や真っ黒な革ジャンに身を包み、ハーレーダビットソンに股がる姿を公開。「"Good season for Bike”」とコメントし、春の暖かい気候の中、バイクを楽しむ姿を披露した。

 そんな窪塚の投稿には、「かっこよすぎるか」「後に乗りたい」「こんなに革ジャン似合う人初めてです」「一生ついていきます」「めっちゃ似合ってる!」「一緒に走りたい!!」「サマになってる」とまるで映画のワンシーンのような写真に絶賛の声が相次いだ。
(以下略、全文はソースをご覧ください。)


[yosuke_kubozuka]
no title

no title

no title


https://abematimes.com/posts/4053092

【自動車】自動運転車の事故「責任の所在」は? ドイツ「メーカー」、日本は「運転者」

カテゴリ:
2284620405_39b280543f_b
1: ムヒタ ★
自動運転車で事故を起こした際の責任の所在について、日本人の多くは「運転者」にあると考えているのに対し、ドイツ人は「自動車メーカー」にあると考えていることが10日、損害保険ジャパン日本興亜が行った調査で分かった。ドイツ人の方が自動運転技術に関する認知度も高く、同社は「認知度の低さが技術への信頼感の低さにもつながっており、責任も運転者にあると考える傾向がみられる」と分析している。

ドイツと比較したのは、日本の自賠責保険の制度がドイツを参考にしてつくられており、経済規模や自動車メーカーを多く抱えるなど類似点が多いため。調査は昨年2月から今年2月にかけてインターネットを使って実施。両国の20代~70代の男女計6600人分の回答を集計した。

事故の責任の所在について複数回答方式で聞いたところ、日本では「運転者」との回答が55.6%と最多で、2位が「自動車メーカー」(48.2%)だったのに対し、ドイツでは「自動車メーカー」(46.1%)、「運転者」(35.9%)の順だった。3位は両国とも「プログラム作成者」だった。

一方で自動運転の技術レベルが5段階に分かれていることについて「知っている」と答えた人の割合は、日本の30.5%に対し、ドイツは57.0%と関心の高さがうかがえる結果となった。

普及への期待と不安については両国で大差はなく、「事故の減少」を期待する意見が最多だった。
2018.4.11 06:15
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180411/bsa1804110500003-n1.htm

軽バンで車中泊って憧れるよね 動く秘密基地って最高だろ

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB]
「趣味使いグルマ・カスタムゾーン」出展車両チェック!

年に一度の大きなお祭り! “モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ” 4月22日(日)に開催

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12235-48315/
drnv1804_modelista_hiace_103_noahmuconcept_bedmode_02_1280

このページのトップヘ

見出し画像
×