アーカイブ

2015年09月

美少女化ゲームの最新作「レーシング娘。」が登場。今度は愛車を擬人化 [208924962]

カテゴリ:
1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ a2bd-YDmO) 2015/08/19(水) 18:36:11.71 ID:kxzlNJFy0.net BE:208924962-2BP(1000)
sssp://img.2ch.sc/ico/yukiusagi.gif
DMM、今度は愛車を擬人化!『レーシング娘。』発表…カスタムやフォームチェンジもできるぞ

DMM.com POWERCHORD STUDIOは、愛車擬人化&シミュレーター『レーシング娘。』を発表し、事前登録受付を開始しました。
『レーシング娘。』は、レーシングチームの監督となり、ゲームに登場する「R娘。」たちをレースに派遣したり、
スポンサーから依頼される様々な依頼をこなし、様々なミッションをクリアしながらチームを運営していくシミュレーターゲームです。
本作に登場する「R娘。」は、初期で総勢40名以上。個性溢れる彼女たちを心ゆくまでカスタムするもよし、
レースに特化したセッティングを追及するもよし、はたまたワックス掛けで愛でるもよし。
好みのプレイスタイルに合わせた“R娘。”ライフを楽しむことができます。
事前登録の受付も開始されているので、本作が気になる方は最新情報をチェックし、公式サイトも合わせてご覧ください。

http://www.inside-games.jp/article/2015/08/19/90396.html

no title

no title

no title

キャラ
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【自動車】「カワサキ」四輪 米で快走 最新モデル販売好調[神戸新聞]

カテゴリ:
no title
1: 丸井みどりの山手線 ★ 2015/09/06(日) 02:12:43.60 ID:???*.net
9月5日(土)16時0分
 「カワサキ」ブランドのバイクを世界展開する川崎重工業(神戸市中央区)が、実は米国限定で四輪車を作っているのをご存じだろうか。主力は、広大な農地の見回りや狩猟などレジャー向けの「ミュール」。
設計・開発を担う明石工場(明石市)で誕生した多用途車は、米国の景気回復を追い風に販売面でも“快走”している。(高見雄樹)

 幅広のオフロード用タイヤに、見るからに頑丈なボディー。窓ガラスなどはなく、ひっくり返りそうな上り坂も難なく乗り越える。

 多用途車「ミュール」は、川重が1988年から米国で販売を開始。開発のきっかけは80年、西海岸サンディエゴの現地販売店の社員が出したアイデアだった。
イメージは、通常の四輪駆動車では走破できないような岩場や沼地などを駆け回る車。地平線を見渡せる農地が広がる現地のニーズから着想した。

 タイヤと車体をつなぐサスペンションは上下に22センチ動いて岩場に対応し、エンジンや車体の耐久性も高めた。現地生産して初めて販売すると、人気に目を付け他社も追随。新しい市場を切り開いた。

 バギーを含め川重が2014年度に全米で販売した四輪車は前年度比18・5%増の3万2千台。リーマン・ショック前の最高水準近くまで回復した。けん引役は同年6月に投入した「ミュール」の最新モデルで、販売台数の4分の1を占めた。
排気量は812ccと大きくないが、エンジン出力を4割上げ、最大6人が乗れるように大型化した点が受けた。

 最新モデルは、明石工場にいる約50人のチームが11年から開発に取り組んだ。開発チームを率いた久田和政さん(45)は「愛好家の要望をとにかく聞いて回ろうと、延べ2カ月以上かけて西海岸から大陸を横断した」。
さらに、試作などを担当したサブリーダーの吉村学さん(45)は、現地の農家に1週間泊まり込んで使われ方を徹底分析したという。

 入社以来20年以上、四輪部門一筋の久田さんは「耐久性と乗り心地の両立で、米国のお客さんに感動してもらえる車になった。さらに改良を重ねファンを増やしたい」と話している。最新モデルの現地販売価格は1万3千~1万7千ドル(約160万~210万円)。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150905-00000004-kobenext-l28

【話題】 中国製と日本製のヘルメット、鉄の棒でぶっ叩いてみると…ロシア人、実験結果に思わず笑う[09/01]

カテゴリ:
uploaded
1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 17:19:54.47 ID:???.net
■中国製と日本製のヘルメット、鉄の棒でぶっ叩いてみると・・ロシア人、実験結果に思わず笑う
FOCUS-ASIA.COM 9月1日(火)2時41分配信

あるロシア人が先ごろ公開した中国製と日本製のヘルメットの強度を比較した動画について、
台湾紙・自由時報が29日伝えた。動画は2本で、それぞれ中国製、日本製のヘルメットを
鉄の棒で強く叩くなどし、破損状況を比べている。

実験では日本製のヘルメットは鉄の棒で横から強く叩いて飛ばしたり、真上から叩くなどしても
表面の塗装がはがれ、プラスチックの部分が破損する程度だった。

一方、中国製のヘルメットは横から叩いて飛ばすと大きく陥没し、さらに真上から叩くとバラバラに
割れて内部の素材があらわになった。その壊れぶりに動画の撮影者は思わず笑ってしまっていた。

(編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000001-xinhua-int
https://www.youtube.com/watch?v=BHLEZs-z3Jg


このページのトップヘ

見出し画像
×