アーカイブ

2015年07月

【研究】ドライブ中に聴く音楽が運転に影響を及ぼし、事故を引き起こす可能性があるという研究結果が明らかに

カテゴリ:
img01_1_l
1: 海江田三郎 ★ 2015/07/05(日) 15:08:25.81 ID:???*.net
http://jp.autoblog.com/2015/07/04/drivers-emotional-connection-to-music-can-affect-driving-abilit/

イスラエルの研究者が、ドライブ中に聴く音楽は運転に影響を及ぼし、
時には悲惨な結果を引き起こす恐れがあるという研究結果を明らかにした。
これは、ネゲヴ・ベン=グリオン大学の芸術学部で音楽心理学を研究するウォーレン・ブロツキー教授が、
近ごろ出版した音楽と感情、運転の関係性に関する著書で述べられている。

ブロツキー教授は「誤った音楽を選択しただけで死に至る可能性がある場所は、
世界中でもクルマの中だけ」と、ニュースサイト『Haaretz』の取材に応じた際に語っている。
しかし、ドライバーを死の危険にさらすか否かに関わるのは音楽のジャンルではない。

教授によると、クラシックよりデスメタルの方が事故に合いやすいという訳ではないそうだ。
ここで問題になるのは、ドライバーの感情と音楽の結び付きだという。
この研究では、ドライバーが感情的になると注意散漫になるとされている。
幸せや悲しみ、ノスタルジーといったあらゆる感情のほか、単に気分良くノッている
(ブロツキー教授は「ハンド・ドラムするような」と表現している)だけで集中力が低下しやすいのだという。
もちろん、運転時の注意散漫は危険な要素の1つだ。米の道路交通安全局(NHTSA)は、
米国内で1年間に発生する1,200万件の事故のうち、4分の1以上がドライバーの注意散漫によって引き起こされていると推定している。
また、エリー・インシュアランスが2013年に行った調査では、2年の間に起きた注意散漫による
死亡事故のうち、62%がただぼんやり空想していただけということが判明している。

ブロツキー教授の研究結果を見れば、ドライバーは感情をポジティブ/ネガティブ問わず過剰に
揺さぶる音楽は避けるべきだということが分かる。また、曲を変えることで動揺したドライバーの心理状況を変えることも可能だ。
教授は、ドライバーの心理状況が激しく変化するのを検知して、自動で車内の音楽を変えるシステムを考案したいと考えているという。
そんなシステムが普及するまでは、我々は車内で自由に音楽を流しておこう。
ただし、別れたパートナーを思い出させるような曲は外しておくことをお忘れなく。

【交通事故】中央線はみ出した車と衝突した対向車、無過失を証明できず4000万円の賠償命令

カテゴリ:
no title
1: 目潰し(大阪府)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 09:47:18.92 ID:5lHKfOPT0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/chibi_c.gif
 車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、直進してきた対向車側にも責任があるとして、
遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、
無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。対向車側に4千万円余りの損害賠償を命じた。

 一般的な感覚では責任の配分が一方的となりそうな事故。はみ出した車は家族以外が運転していたため任意保険が使えず、この車に乗り死亡した男性の遺族補償が困難視されたケースだった。
判決は遺族を救済する形となった。

 原告側の代理人を務めた宮本健治弁護士によると、自賠法では「人身事故が起これば、自動車同士なら互いに共同不法行為となる。少しでも過失があるとなれば賠償責任が生じる」という。
一見、「もらい事故」という形でも、無過失の証明ができなければ責任があるというわけだ。

 一般的に責任の配分が「10対0」といわれる事故もあるが、「10」ならすべての責任を負うというイメージだった。“常識”を覆す判決といえる。

 自分に過失がなくても、相手が任意保険に加入しておらず、十分な補償がしてもらえない場合がある。今回の判決のほか、他者運転危険担保特約や人身傷害保険など、
さまざまなケースを救済できる仕組みがあることを知らない人も多いという。宮本弁護士は「なんとかなる場合が大変多い。諦めず検討してほしい」と話していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150419-00010001-fukui-l18

運転免許取って接触事故したことない奴はペーパー

カテゴリ:
no title
1: 既にその名前は使われています@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 13:53:38.31 ID:uNvuEgw/.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/ogame/1424531574/268-

268 既にその名前は使われています@転載は禁止 2015/05/12(火) 08:32:11.06 ID:5RwK6AuR
ま、免許もってて1年以上で対物の接触事故すらしたことないのは
ガチでペーパーだろうけどなw

運転へたくそな奴あるあるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

カテゴリ:
85793896
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/08(水) 22:30:41.871 ID:CjFJ+vEf0.net
・怖いから車間距離あけまくる
・割り込みされまくり
・ブレーキこまめに連発
・黄色になりそうだから早めにブレーキ
・左折三回で右折する
・車庫入れでどっちにハンドルきっていいかわからない
・安全運転のつもりだけど煽っちゃってる
・でもどうしたらいいかわんない上達しない
・だから免許返したwwwwwwwwwwwwwwwwww

北海道の交通事故のことだけどさこれもう殺人だろ?

カテゴリ:
no title


1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 22:31:57.56 0.net
時速150キロ以上でBMWとシボレーが北へ走行

一家五人を乗せ西から東へ向かって走っていた軽ワゴンの側面にBMWが突っ込み50メートル以上軽ワゴンの車体を吹っ飛ばす

軽ワゴンを運転していた夫とその妻、長女が死亡、次女も意識不明の重体

BMWも衝撃で炎上大破、運転手は命に別条なく入院

衝撃で車外へ放り飛ばされた長男を後続のシボレーが巻き込む

巻き込んだ長男を振り落とそうと逃げながら右折左折を繰り返し1.5キロ引き摺り長男死亡

半日後シボレー運転手と同乗者ら出頭逮捕
BMWの運転手も回復を待って逮捕の予定

この事故胸糞悪すぎるだろ・・・
これでも懲役5年とかなんだろうな

く、車のワイパーが勝手に動き出した? ハッカーの仕業に違いない!

カテゴリ:
P1-daab4
1: 水星虫 ★ 2015/07/25(土) 06:21:23.54 *.net
車の遠隔操作防止 米で140万台リコール

7月25日 5時31分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150725/k10010165561000.html

クライスラーのブランドで知られるアメリカの自動車メーカーFCAUSは
ハッカーの攻撃で車が遠隔操作されるおそれがあるとして140万台をリコールすると発表しました。
自動車メーカーがハッカー対策でリコールを行うのは初めてです。

これはクライスラーのブランドで知られるアメリカの自動車メーカー、
FCAUSが24日発表したものです。
それによりますとハッカーによる遠隔操作を防ぐためソフトウェアをアップデート
する必要があるとしてアメリカ国内でジープなど140万台をリコールするとしています。

メーカーによりますとこれまで実際にハッカーの攻撃を受けたという報告はありませんが、
予防的な措置としてリコールに踏み切ったということです。
アメリカ運輸省によりますとハッカー対策のためのリコールは初めてだということです。

リコールのきっかけになったのはITの専門メディアがアメリカで著名な2人のハッカーに
協力を依頼し行った実験で、走行中のクライスラーの車が遠隔操作され
ワイパーが勝手に動いたりエンジンが停止する様子が動画で紹介されたためです。

自動車メーカー各社は車をネットにつないでさまざまな情報をやり取りするシステムの
高度化を進めていますが、その一方でハッカーによる攻撃をいかに防ぐかが新たな課題となっています。

アメリカ運輸省も懸念

自動車がハッカーによって遠隔操作されることについて、アメリカ運輸省も懸念を深めています。
道路交通安全局は24日声明を発表し、
「メーカーはハッキングの脅威から消費者を守る責任がある。
すぐにリコールを決めたことは、自動車業界にとっても重要な前例になるだろう」と評価しました。
そのうえで、メーカー側の調査とは別にサイバーセキュリティーの専門家を集めて
メーカーの対策が有効かどうかを検証することを明らかにしました。

ノートPCで車の制御システムに侵入

車がハッカーによって遠隔操作される動画は今月21日、ITや科学を専門とするメディア
「ワイヤード」がネットで公開しました。公開された動画では、高速道路を走っている
クライスラーの車を離れた場所にいるハッカーが遠隔操作しました。

ハッカーはノートパソコンを使用して容易に車の制御システムに侵入し、
エアコンやカーステレオを操作したりワイパーを動かしたりした後、エンジンを停止させ、
アクセルを踏んでも車を動かせない状態にしていました。

ハッカーによりますと、クライスラーに搭載されている同じシステムであれば
どの車でも実際に遠隔操作が可能だとしています。
動画では、車がネットに接続され高度化が進むにつれてハッカーからの攻撃を受けるリスクは
高まっていると指摘し、自動車メーカーに対して対策が必要だと警鐘を鳴らしています。

このページのトップヘ

見出し画像
×