北朝鮮「トランプ大統領のビーストよりいい車を要求する!」

カテゴリ:
newsweek_20180610_184122-thumb-720xauto
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [GB]
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の代表団は米朝首脳会談開催時、シンガポールへ向けて金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を乗せる専用車の配送を行う予定はない。
北朝鮮代表団はその代わりに、現地で直接自動車を手配する予定だ。同国の「ザ・ストレーツ・タイムズ」紙が伝えた。
当紙によると、米国代表団は、「ビースト」の異名をもつ大統領専用車「キャデラック」を前もって手配した。
当会談へ向け、5月28日にシンガポールに到着した北朝鮮代表団は、米国の大統領専用車以上のクラスの手配を要求した。
現地の自動車レンタル会社では、「ロールス・ロイス・ファントム」、「メルセデス・ベンツ」、「ベントレー」を含む高級車のレンタルが可能だ。

https://jp.sputniknews.com/asia/201806044950390/

【経済】アウディジャパン、都内中心にレンタル事業 自宅、空港までお届け「R8 スパイダー」もあるよ

カテゴリ:
1: ガーディス ★
毎日新聞 2018年6月4日 19時34分(最終更新 6月4日 19時48分)

 アウディジャパンは4日、東京都内を中心に、乗用車のレンタルサービスを始めた。自宅や空港など指定の場所まで専門の「コンシェルジュ」が向かい、車を届けたり、引き取ったりする。新たな収益源として育てるとともに、気軽に乗ってもらうことで顧客の開拓にもつなげる。

サービスの範囲は、千代田区や中央区、港区など都内13区と、千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートの一部を含む。東京への出張時や、旅行で使うこともできる。

 車は人気のスポーツタイプ多目的車(SUV)を含むさまざまなモデルを用意した。オープンモデルのスポーツカー「R8 スパイダー」も利用できる。(共同)

http://mainichi.jp/articles/20180605/k00/00m/020/052000c
no title

今はインドア系ってインド好きの事を言うんじゃないんだね。インドでスズキ車が人気、スイフト2000万台

カテゴリ:
10-680x454
1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [US]

 スズキは4日、インドでの自動車生産が累計2000万台を超えたと発表した。日本を除けば初めての大台到達。
日本では2000万台生産までに45年9カ月を要したが、インドでは34年5カ月で達成となった。
経済成長による市場の急拡大と早期の進出が寄与して日本よりも早いペースで実績を積み上げた。


インドで累計2000万台目の生産となった小型車「スイフト」

 1983年12月、子会社マルチ・スズキの前身であるマルチ・ウドヨグがインド生産の第1号となる小型車
「マルチ800」の生産を始めた。スズキは足元ではインド市場でシェア約5割を持ち、
市場拡大の需要を着実に取り込み、生産も拡大していった。2011年3月には累計生産1000万台を達成していた。

 スズキはマルチ・スズキのグルガオン工場とマネサール工場のほか、スズキ100%出資の生産子会社
スズキ・モーター・グジャラートのグジャラート工場をインドに持つ。グジャラート工場は能力増強を進めており、
インドでの需要増にこたえるほか、欧州、日本、アジア、アフリカなどへの輸出で世界の需要にも対応していく。

 インドでは「バレーノ」「アルト」「スイフト」など16車種を生産しており、累計2000万台生産の
達成車種は「スイフト」だった。これまでの最多生産車種は約317万台の「アルト」。

 17年度の生産実績は約178万台で、うち165万台をインドで販売した。インド以外は日本を含む
100以上の国・地域に13万台を輸出した。

そーす
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3132299004062018XA0000/
スズキがインドで2000万台到達、日本以外では初

カタログ燃費がリッター5.5kmの猛者も! あまりに燃費が悪すぎた国産車5選

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ZA]
ファミリーカーなのに気軽にお出かけできないミニバンもある
最近は再びガソリンの価格がじわじわと上昇し始めている。もちろんクルマ好きの皆さんなら「楽しいクルマなら燃費なんて関係ない」
と言うかもしれないが、やはり燃費が悪いのはおサイフに優しくないもの。そこで今回は燃費の悪かった国産車について振り返ってみたい。

1)ユーノス・コスモ
マツダが誇るロータリーエンジンを搭載する車種の中でも、唯一市販車で3ローターの20Bエンジンを搭載していたのがこのユーノス・コスモだ。
デビュー当時のカタログ燃費でも6.1km/Lのハイオク仕様となかなかパンチの効いた数値を叩き出していた(といっても13B搭載モデルでも
6.9km/Lとそれほど大差はない)。
no title


2)日産エルグランド
一時代を築いた「キングオブミニバン」のエルグランドは燃費の悪さでもキングの風格だった。現行モデルこそ3.5リッターでも
10km/L近いカタログ値となっているが、先代の3.5リッター4WDでは7.8km/L、初代に至っては7.0km/L(もちろんハイオク仕様)と
ファミリカーとしてガンガン使うのに躊躇してしまうほどだった。

3)スズキ・ジムニー
ギヤ比も悪路走行を見越してややローギヤードであり、カタログ燃費で14.8km/L(5速MT)、実用燃費では10km/Lを割り込むと言われている。
no title


4)日産サファリ
no title


5)スバルWRX STI
もはや絶滅危惧種となってしまった8000rpmを許容する2リッターターボを搭載するスポーツセダンであるWRX STI。カタログ燃費も
9.4km/Lと性能を考えればむしろ良いと思えるほどの数値となっている。しかし、ひとたびエンジンにムチを入れ、限界走行をするとなれば、
その牙はおサイフにも容赦なく襲い掛かってくるというわけだ。

https://www.webcartop.jp/2018/06/242358

【自動車】MITとBMW、空気で膨らむ車を開発へ

カテゴリ:
1: 野良ハムスター ★
マサチューセッツ工科大学(MIT)は車大手BMWと合同で、3Dプリンターで印刷する新型素材を開発している。素材は弾性があり軽量なうえ、空気などを注入して膨らますことができる強度を持つ。

中に空洞が出来るよう液体シリコンを3Dプリンターで印刷する独自技術を用いて、チームは多くの四角いセルからなるシリコンシートを作りあげた。それぞれのセルは中に空気などを注入することで様々な形状に変形する。チームは、車の製造などに用いることができると見ている。

例えば、この素材で作られた車の扉やダッシュボードは事故の際に搭乗者の体形に容易に変形し、エアバックの役割を果たす。そして再びもともとの硬い状態に戻ることができる。現在この素材は実験室で実験されている。「3ders.com」が報じた。

https://jp.sputniknews.com/science/201806034946823/
%20Aerial-AboveSummit-Christopher%20Harting_0

【車カス】NHKのハイエースが東北道で煽り運転 NHK「プープー!遅せえんだよどけや庶民ども!」

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US]
「あおり運転なくせ」呼びかけ

https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20180604/6080001158.html

高速道路での危険な「あおり運転」を無くそうと、青森市で、警察官などがドライバーに注意を呼びかけました。
no title

運行中の車のエンジンルームでハクセキレイが子育て

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(禿) [CN]

車の揺れが心地よい? エンジンルームに鳥のひな

兵庫県三木市内の意外な場所で、鳥のひなが相次いで誕生した。
地域福祉センター三木北(同市加佐)の送迎車内ではハクセキレイ、国登録有形文化財の旧玉置家住宅(同市本町2)ではツバメが巣作り。
親鳥が懸命に子育てに励む姿が人々の心を癒やしている。

エンジンルーム内で育つハクセキレイのひな=地域福祉センター三木北
no title

ハクセキレイが巣を作った送迎車=地域福祉センター三木北
no title


地域福祉センター三木北の送迎車のエンジンルーム内で、ハクセキレイのつがいが子育てに励んでいる。
作られた巣ではひな5羽ほどがすくすくと育っており、同センター職員がわが子のように見守っている。

ハクセキレイは体長約20センチで、白と黒の羽毛と尻尾を上下に振るしぐさが特徴。
同センターでは2週間ほど前から、敷地内を飛び回る姿が目撃されていた。
車をめがけて飛んでくることもあったため、「もしや」と思った職員が1日、ボンネットを開いたところ、巣を見つけたという。

県の元自然保護指導員で学習塾経営の男性(66)=同市=は「中古車販売店などで長期間止まった状態の車に巣を作ることはあるが、運行中の車では珍しい。
送迎中の環境が、親鳥による抱卵と大きく変わらなかったのでは」と指摘する。

同センター長の田中尚美さん(57)は「子育ての様子を見るのが職員の楽しみになっている。元気に巣立ってほしい」と話している。(大橋凜太郎

https://www.kobe-np.co.jp/news/miki/201806/sp/0011329708.shtml

このページのトップヘ

見出し画像
×