清原和博が乗ってきた車wwwwwwwwwwww

カテゴリ:
0000207800
1: 風吹けば名無し
10~20代

1986年 19歳 BMW 635 CSiA
1988年 21歳 フェラーリ テスタロッサ
1989年 22歳 メルセデス・ベンツ 560SEC
1990年 23歳 メルセデス・ベンツ 500SL
1991年 24歳 メルセデス・ベンツ 560SEL
1992年 25歳 メルセデス・ベンツ 500SL
1993年 26歳 メルセデス・ベンツ 560SEC
1994年 27歳 メルセデス・ベンツ 600SEL
1994年 27歳 フェラーリ F355 ベルリネッタ

高速で危険な煽り運転、無理な左側追い越しを繰り返す車カス

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [BR]

あおり運転の危険性知って 長野県警が走行実験を公開
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/171125/afr1711250033-s1.html

長野県警交通企画課は24日、前を走る車との距離を詰めて走行する「あおり運転」の危険性を伝えるため、走行実験を長野市で開催した。

実験では、パトカー2台を使用。車間距離を5メートル保ち時速40~50キロで走行し、後ろの車が前の車のブレーキランプが点灯したのを確認後、急停止する方法で行った。
衝突を避けるため並列走行させたが、停止すると2台は重なる状態になった。実際の道路だったら衝突したことになる。

 同課によると、平成29年度に県内で車間距離をとらずに検挙されたのは163件(10月末現在)。すべて高速道路での違反だった。同課の担当者は「互いを危険にさらす『あおり運転』はやめてほしい」と訴えている。

【東京】「珍しいハーレーだった」と情報提供があり関与が浮上 大型バイクを運転中にひき逃げをした疑いで男(45)逮捕

カテゴリ:
1: かばほ~るφ ★
「珍しいハーレーだった」ひき逃げなどの疑いで男逮捕

 
ひき逃げ事件、逃げていたのは珍しいハーレーのバイクでした。

東京・足立区の会社員、桑山太一容疑者(45)は先月13日、大型バイクを運転中、
江戸川区・東葛西の路上で会社員の男性(27)をはね、そのまま逃げた疑いがもたれています。
男性は左足を骨折する重傷を負いました。

桑山容疑者は1998年式の「ハーレーダビッドソン」社製のバイクを運転していて、
現場近くを走行していたタクシーの運転手が「古いタイプの珍しいハーレーが事故を起こして逃げた」
と情報提供をしていたことなどから、桑山容疑者の関与が浮上したということです。
桑山容疑者は、「衝突したときの衝撃が大きく怖くなって逃げた」と容疑を認めているということです。

TBS Newsi
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3232057.html
no title

(ソースに動画あり)

【自動車】トヨタ、SUVコンセプトカー「FT-AC」公開 幅広タイヤでオフロードに自信

カテゴリ:
1: ノチラ ★
no title

トヨタ自動車は11月30日、米国で開催のロサンゼルス自動車ショー向けにスポーツ用多目的車(SUV)のコンセプトカー「FT-AC」を公開した。アウトドア志向が強いドライバーに訴える装備が特徴だ。

 車名のFT-ACはFuture Toyota Adventure Conceptの頭文字から取っている。このコンセプトカーは、ベストセラー車「RAV4」を持つトヨタの方向性を示している。トヨタは9月、アウトドア仕様のRAV4「アドベンチャー」を発表した。

 RAV4のアドベンチャー仕様はぬかるみでの走行でもさほど違和感は感じないようにみえる。FT-ACはさらにオフロードでの運転もより信頼が置けそうだ。フロントの牽引(けんいん)フック、フォグランプのほか、幅の広いタイヤ、岩などの障害物から車体を守るクロームスキッドプレートが目を引く。

 サンディエゴの市場調査会社ストラテジック・ビジョンのアレクサンダー・エドワーズ社長は、シンプルさと信頼性を追求して数十年にわたる発展を経たトヨタは、人気のある車種でパフォーマンスがより高く革新性を求める消費者の要求に応えようとしていると指摘する。

 さらに「思い切りが良く、より先進的なスタイルで装備が充実した製品を提供すれば、このブランドを次のレベルに引き上げることにつながり得る。これが正しい行動であることは明らかだ」と語った。(ブルームバーグ John Lippert)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/171202/bsa1712020500004-n1.htm

このページのトップヘ

見出し画像
×