海パンでF1観戦していた男たち、逮捕ーーーーーー

カテゴリ:
1: 2016/10/04(火) 20:20:32.37 ID:eZFPxHx50 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
【10月4日 AFP】マレーシアの警察当局は、2日に首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)郊外のセパン・インターナショナル・サーキット(Sepang International Circuit)で
開催されたフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)のマレーシアGP(Malaysian Grand Prix 2016)で、マレーシア国旗がプリントされた水泳パンツ一丁の姿で観戦していたオーストラリア人の男9人を逮捕した。

 国営ベルナマ(Bernama)通信が警察当局の情報として3日に伝えたところによると男らはレースが終了したころに逮捕され、「秩序を乱すことを意図した故意の侮辱」と
公然わいせつの容疑で取り調べを受けているという。逮捕された男は全員25~29歳の観光客で、4日間勾留される予定という。

 マレーシア国旗柄のパンツ姿で男らが観戦する様子は国内のネット上でまたたく間に広がり、国に対する侮辱だという怒りの声も出ていた。

http://www.afpbb.com/articles/-/3103151
no title

no title

F1ドライバーのフェルナンド・アロンソ 寿司屋に転職するも客からクレームwwww

カテゴリ:
1: 2016/10/07(金) 07:41:33.02 ID:Ab262Vrn0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
ソース
no title

https://www.instagram.com/p/BLOR17wBUtA/



フェルナンド・アロンソ 「ホンダはエンジン面でよりクリエイティブになった」
http://f1-gate.com/alonso/f1_33195.html

ATM18億円不正引き出しでトヨタ社員逮捕。中国人とか言ってたやつwww

カテゴリ:
CthRVzWVIAAcCUc
1: ローリングソバット(禿) 2016/09/29(木) 10:52:14.53 ID:7xrpfX1l0 BE:226456927-PLT(12522) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/premium/1372182.gif
全国のコンビニの現金自動預払機(ATM)で18億円超が不正に
引き出された事件で、埼玉、山口両県警の合同捜査班は28日、
窃盗などの疑いで、愛知県豊田市、トヨタ自動車社員、
松井遼一郎容疑者(22)ら3人を逮捕した。いずれも現金引き出し役と
みられる。

*+*+ 産経ニュース +*+*
http://www.sankei.com/affairs/news/160928/afr1609280024-n1.html 

【クルマ】マツダ、パリモーターショー16に不参加決定

カテゴリ:
8c99398f1f7889ae8af43056c70e8e4a
1: 海江田三郎 ★ 2016/09/27(火) 19:11:10.73 ID:CAP_USER
http://response.jp/article/2016/09/27/282491.html

9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16。同ショーに、マツダが出展しないことが分かった。
これは、パリモーターショーの主催団体が、公式サイトで明らかにしているもの。参加自動車メーカーのリストに、マツダの名前はない。

マツダは前回のパリモーターショー14において、新型『ロードスター』をモーターショーデビューさせた。
これまで力を入れてきたパリモーターショーだが、マツダは今年、不参加。新型車発表のタイミングや、
パリ以降のモーターショーとの関係もあると推測される。

マツダヨーロッパの広報担当者は、一部メディアの取材に対して、「パリモーターショー16への不参加決定が、
マツダのグローバルモーターショー戦略の変更を示すものではない」とコメントしたという。

エンジンの熱効率 44%突破 すげぇえええwwwwww

カテゴリ:
1: ファイヤーボールスプラッシュ(千葉県 2016/10/04(火) 21:43:41.52 ID:eZFPxHx50 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
「熱効率44%台を実証」燃焼技術プログラム…SIPシンポジウム

政府が推進する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のシンポジウムが10月4日、都内で開催され、世界を先導し、日本再生の鍵を握る11のプロジェクトの進捗状況や成果などが報告された。

このうち2020年までに熱効率50%を目標に掲げる『革新的燃焼技術』のプログラムダイレクター(PD)を務めるトヨタ自動車の杉山正則パワートレーン先行技術領域長は
「熱効率の実証の状態はほぼ計画通り、現時点でガソリン、ディーゼルエンジンともに熱効率約44%の実証まで進んでいる」ことを明らかにした。

まずガソリンエンジンについては「熱効率44.1%までの実証ができ、2016年度の目標を達成した。このベースとなるのが超希薄燃焼で、点火を強力にして、
さらに気流を強くすることで、点火の火花を長く流す。それにより超希薄燃焼でも安定した着火、燃焼ができ、44.1%を達成した」という。

一方、ディーゼルエンジンについては「現時点で44.3%まで確認ができ、16年度目標の44.5%まであと0.2ポイントとなっている。これを支える技術としては高速・低熱損失燃焼で、
具体的には最初は燃料をたくさん噴射して、時間の経過とともに量を減らしていく噴射パターンにより高速燃焼をかなえる新しい噴射制御」と説明した。

また杉山氏は「我々は摩擦損失、冷却損失、その他損失を低減する研究も進めている。その一例としては、ピストンの表面にマイクロディンプル加工を施すとともに、
二硫化モリブデンをコーティングすることで、摩擦係数が従来のピストンの50%以上低減。また実機でも他の低フリクションアイテムと合わせて熱効率相当で0.8ポイントの摩擦低減に成功している」ことも披露した。
http://response.jp/article/2016/10/04/282971.html
no title

no title

no title


ちなみに普通のガソリンエンジンは熱効率30%程度
量産車世界1の熱効率と言われるアコードHVは38.9%
今現在のF1はメルセデスがHCCI時に47%台と言われている

車好き「AE86、R32、SA、FC、FD、車好きなら形式で呼ぶだろ?」

カテゴリ:
838509cedae059539a4df37c66b5e768
1: 名無し募集中。。。 2015/04/04(土) 09:26:17.92 0
なぜクルマ好きは車名でなく「型式」で呼ぶのか?

「AE86なんかは車名以上に有名ですし、KPGC10とかR32(スカイライン)、
あとはSA、FC、FD(RX7)とかは車好きの間では知ってて当然」(44歳・広告)

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20150404-811626/1.htm

アストンマーチンが3億円のハイパーカー発表 予算無視すれば結局ミドシップになる

カテゴリ:
1: ファイヤーボールスプラッシュ(千葉県) 2016/10/04(火) 10:00:22.22 ID:eZFPxHx50 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
市販価格は3億円!? アストンマーティンの“ハイパーカー”日本初披露…購入条件は

アストンマーティンは10月3日、F1チームのレッドブル・レーシングと共同開発したハイパーカー『AM-RB 001』のコンセプトモデルを都内で日本初公開した。
価格は3億円前後の見通し。限定150台生産販売されるが、購入するには一定の条件が必要になるという。

AM-RB 001は、アストンマーティンとレッドブル・レーシング両社のレースで培われた技術を惜しみなく注ぎ込んだハイパーカー。
往年のルマンカーを彷彿とさせるようなスタイリングながら、公道走行可能なバージョンも発売されることが決定している。
詳細なスペックは明らかにされていないが、オールカーボンボディに1000馬力とも噂される自然吸気V12エンジンを搭載する。

AM-RB 001の納車は2018年から開始されるが、すでに全世界から600件の購入希望が寄せられているという。
アストンマーティン・アジアパシフィックでマーケティング&PRシニアマネジャーを務めるダニエル・レッドパス氏は「600件の応募があるが、この中にはかなりの数が日本からも寄せられている。
このため、本国イギリス以外でAM-RB001を公開したのはフランスとシンガポール、そして日本だけ」と明かす。

レッドパス氏は「AM-RB 001の購入希望者の募集はすでに締め切られている。600人のうち誰が購入できるか、国別の割り当てなども含めて、まだはっきりしていない」としながらも、
「すでに『One-77』と『ヴァルカン』を購入した方をまず優先することになる」との見通しを示した。

ちなみに、この条件を満たす顧客は日本にもいるという。また「『One-77』と『ヴァルカン』をお持ちでない方でも、『ラゴンダ』をお買い求め頂ければ優先度が上がる」とも話していた。
その敷居の高さは、車両価格だけではないようだ。

http://response.jp/article/2016/10/03/282909.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

セルシオを買っても女にモテませんでした

カテゴリ:
e06764ecd1
1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/04/20(金) 21:00:01.35
二十歳の記念にばあちゃんに100万貰ったので車を買いました。
ディーラーの中古車は安心だと聞きディーラーに行ったら、セルシオがあってマジ一目ぼれ!
凄い威圧感でマジでかい!かなりのオーラがある
30分ほど見ていたら営業の人が出て来て、セルシオの素晴らしさを説明され
その場で即決しました。
なんでも日本最高級車を作る為に当時の科学者を集めて、最高の技術を集結させて
作られた車だとか(ゴメン。自動車板にいる人なら僕よりよっぽど詳しいよね)

平成2年式でちょっと古いけど、外装も内装もマジで綺麗!
Cタイプでエアサスだから乗り心地も最高に良い!
乗りだしで79万円でした。

それで余ったお金で先輩から15インチのホイールを12万円で買って
オートバックスで「最大積載量ギャルだけ」のステッカーを買いました^^

ホイールとスッテカーを装着したらさらに威圧感が出て、煽る車はまったくいません。
(ひょっとしたらヤクザと間違われているかも・・・汗)

ドライブ行くのも楽しいし、なんか自分に自信がつきました。
だけど車好きな彼女はまだ出来ません・・・

もてたい男性の方、セルシオを存分に語りましょう

【乗物】道交法改正から1年、いまだ浸透しない自転車ルール 即罰金の可能性も

カテゴリ:
slide04
1: 海江田三郎 ★ 2016/07/19(火) 15:23:11.49 ID:CAP_USER
http://trafficnews.jp/post/54852/

自転車に関する改正道交法の施行から1年がたちましたが、その内容はあまり浸透していないようです。
この現状の先にあるのは「さらなる法規制の強化」で、そしてそれはすでに始まっているかもしれません。

依然として存在する「危険な自転車」
 2015年6月に自転車に関連する道路交通法が改正され、およそ1年が経過しました。
 この改正後、道路環境も少しずつではありますが、確実に変化を見せています。首都圏においては、
大通りを中心に車道の左端へ自転車レーンが整備され、左側通行を喚起する矢印のペイントなども見受けられるようになって
きました。
 しかし肝心の自転車利用者にとって、いまだこれらの法律は浸透していない、というのが実情のようです。
自転車に関する啓蒙活動やイベント運営を手掛けるチームキープレフト/サイクルモード
実行委員会が2016年5月に実施したアンケート調査によると、改正道交法内に記載された「自転車運転の危険行為14項目」
について、「内容を理解し遵守している」という回答は全体の4割未満という結果が出ています。つまり、回答者の6割以上が、
遵守できていないと意識しており、このアンケートが自転車イベントの来場者を対象に行われたことを考えると、実情はさらに悪いものといえるでしょう。

これは、日常的に自転車を利用している筆者(守宮尚志:ポタリング・ライター)の感覚とも、かなり一致しています。右側通行をはじめ、
歩道を通常速度で走行する、信号無視、イヤホンやスマホの「ながら運転」といった自転車はよく目にしますし、
そうした自転車と不意に衝突しそうになったこともあります。
 つまり現在、自転車は「法は整えたが、それが浸透しているとはいえない」??法改正以前から自転車利用者の意識に大きな変化はなく、
依然として危険な運転が横行している、というのが現実のようです。
 この状況を行政側から改善しようとした場合、さらなる法規制や違反時の罰則強化、具体的には「自転車のナンバープレート装着化」や
「法規違反者の即時罰則金徴収」「自転車運転免許制の導入」というところまで踏み込むことになるかもしれません。

すでに始まっている「自転車の規制強化」への流れ
 自転車の「ナンバープレート」や「免許制」というと極端に思うかもしれませんが、実際に地方自治体が条例レベルで動いた例もあります。
 2012年、東京都が自転車にナンバープレート導入を検討という報道がありました。現在は道交法の改正によって議論も収束しているようですが、
これも自転車の危険な状況を憂慮した動きのひとつでしょう。クルマのように、ひと目で個体識別ができることは、
違反の抑止効果があると考えられるからです。
 いまさら自転車の「全車登録」など非現実的に感じられるかもしれませんが、1954(昭和29)年まで同様のものが存在しました。
これは「鑑札」と呼ばれる、自転車税を徴収するためのシステムでしたが、目的こそ違えど「全車登録」と「認識票の設置」は過去に実績があるのです。
 また、いま現在動いているものとして、2015年、兵庫県で自転車の損害賠償保険加入が義務化され、
続いて今年には大阪府でも同様の条例が施行されました。こちらの目的は事故の抑止ではなく、起きてしまった事故への対処になりますが、ここにも「自転車は現状では危険」という意識があるといえるでしょう。

 さらには、いくつかの自治体や警察署で、法的拘束力はないものの、学生をはじめ一部の利用者を対象に「免許証」を交付するところも出てきています。
 これらの事例から、行政は、自転車もほかの車両と同等の環境にすることを目指している、という意志を感じることもできるかと思います。
自転車は厳密には「軽車両」に区分され「車両」とは異なりますが、その手軽さゆえか「『歩行者』に近い意識」が強いのが現状でしょう。
これを行政が「『車両』に近い意識」にシフトさせようとするのは、交通安全の観点から考えれば自然な流れなのかもしれません。
 しかし、これらの方策より、自転車を「車両」とする意識を高めるため、さらに効果的かつ確実であろうものが、ひとつ存在します。
それは、クルマなどではすでに行われている「罰則金の即時徴収」です。

【新車】カワサキ、「Z125 PRO KRT Edition」を発表 11月1日から限定500台で発売

カテゴリ:
1: ファイヤーバードスプラッシュ(兵庫県) 2016/10/01(土) 07:02:56.23 ID:pS4rdENf0● BE:154620419-PLT(16000) ポイント特典
https://news.webike.net/2016/09/30/70437/

WSBKチャンピオンデカールを採用した特別限定モデル

カワサキは、「Z125 PRO KRT Edition」を11月1日から発売することを発表した。スーパーネイキッドZシリーズの中で最も軽くコンパクトな車体を持つZ125 PROが、ニューカラーに身を包み限定500台で発売される。

デザインコンセプトとなったのは、カワサキのファクトリーマシンNinja ZX-10R。スーパーバイク世界選手権で戦うマシンと同イメージのカラーリングだ。特にフューエルタンク下部には、スーパーバイク世界選手権チャンピオンデカールが採用されており、Kawasaki Racing Teamのジョナサン・レイ選手のサインがデザインされている。

倒立フォークやオフセットレイダウンリヤサスペンション、そして前後のペタルブレーキディスクなどパフォーマンスを重視した本格装備に加え、高回転域までスムーズに吹け上がる空冷4ストローク単気筒エンジンは機敏な走りと優れた燃費性能を実現している。

Zの名前に相応しいアグレッシブな外観は、シャープでスポーティな走りを連想させ、ギヤポジションインジケーターや大容量7.4Lフューエルタンク、タンデム走行に適した段付きシートは高い利便性と快適性を確保。街乗りやツーリング等幅広い分野で走る喜びを提供する。

no title

このページのトップヘ

見出し画像
×