名古屋車カス「トンネルにオービスなんてあるわけないだろw」⇚あります。50km/h厳守の高速道

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ]
50キロ厳守の名古屋高速トンネル、取り締まりに新兵器
20181029-00010008-sp_ctv-000-2-view

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000032-asahi-soci

愛知県警が名古屋高速の東山トンネル内で運用を始めた「可搬式オービス」=29日午後1時20分、名古屋市千種区、田中恭太撮影
 名古屋高速2号東山線の東山トンネル(名古屋市名東区~同市千種区、上り約3・2キロ、下り約3・6キロ)で、愛知県警が新たに導入した装置による速度取り締まりが始めた。トンネルでは従来の取り締まり装置が使えなかったが、今回、トンネルでも使える“新兵器”を活用する。

【写真】東山トンネルの入り口には、垂れ幕で「トンネル内50キロ厳守」と呼びかけている=名古屋市名東区、田中恭太撮影

 2003年3月に開通した東山トンネルは、接続する半地下構造部分(吹上西出入口付近~四谷出入口の3・5キロ)を含め、時速50キロに規制されている。

 しかし、守っている車は少ない。名東区側の入り口には「50キロ厳守」の垂れ幕や複数の立て看板があるが、記者が平日午後に50キロで走行したところ、追い越された車は8分弱で67台にのぼった。

 今回、県警が取り締まりに投入するのが、持ち運びができる速度違反自動取り締まり装置で、いわば「可搬式オービス」だ。置いておけば自動的に違反車両を記録する。箱形の本体は奥行き38センチ、幅26センチ、高さ50センチで、三脚に設置する。県警では昨春に2台を導入、生活道路を中心に運用。今年9月にさらに3台が加わった。

【社会】無免許の13歳を車で先導した疑い、男逮捕 1人事故死

カテゴリ:
20181030-171532-1-0002
1: 砂漠のマスカレード ★
7月に岡山市の国道で乗用車がポールに衝突し、乗っていた中学2年の男女5人のうち1人が死亡、4人が重軽傷を負った事故で、
岡山県警は30日、車で先導して無免許運転を手助けしたとして、
岡山市北区富田の無職則枝研二容疑者(40)を道路交通法違反(無免許運転幇助〈ほうじょ〉)の疑いで逮捕し、発表した。

「一緒に走ったが、(少年の一人が)勝手に無免許で運転していた」と先導したことを否認しているという。

県警によると乗用車は少年(当時13)が運転。
則枝容疑者は無免許で運転することを知りながら、「あぶねえけえ、ついていってやる」と言い、少年らの車の前を自分の車で先導するなどした疑いが持たれている。

事故は7月1日午前5時ごろ、岡山市北区青江2丁目の国道30号で起きた。
車は中央分離帯上の金属製のポールに衝突し、同乗していた岡山市の女子生徒(当時13)が頭を強く打って死亡した。

http://news.livedoor.com/article/detail/15520054/
2018年10月30日 12時47分 朝日新聞デジタル

【裁判】高速道でBMWを時速208キロで運転、事故 裁判官「日本では考えられない速度」被告「私もびっくりしている」…神戸地裁

カテゴリ:
20180128-999-0303
1: かばほ~るφ ★
高速道路208キロで事故 裁判官「考えられない速度」被告「びっくりしている」

高速道路で制限速度(80キロ)を128キロ超す約208キロで車を運転し、
前方の車に衝突し3人に軽傷を負わせたとして、道交法違反と自動車運転処罰法違反
(過失傷害)の罪に問われた神戸市東灘区の会社役員の男(61)に対する初公判が25日、
神戸地裁(安達拓裁判官)であった。男は起訴内容を認め、検察側が懲役1年を求刑し即日結審した。判決は11月1日。

起訴状などによると1月2日朝、芦屋市内の高速道で、外車のBMWを約208キロで運転した上、
神戸市東灘区の高速道でも同じ速度で走行して前方の車に衝突し、3歳児を含む3人に軽傷を負わせたとされる。

検察側は「『早く自宅に帰りたい』『車の性能を試したい』という身勝手極まりない動機」と主張。
裁判官が「日本では考えられない速度」と指摘し、男は「私も(速度に)びっくりしている」
「非常に反省している」と述べた。

神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201810/0011762363.shtml

このページのトップヘ

見出し画像
×