若者、車や趣味よりスマホを優先すると判明

カテゴリ:
407
1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [SE]
車や趣味よりスマホ、ミレニアル世代は「モノ消費」より「コト消費」
(株)ジュピターテレコム(J:COM)が3月30日発表した「ミレニアル世代のテレビ視聴・スマホ利用実態に関する調査2018」によると、ミレ
ニアル世代の多くは、デートや車、趣味のグッズなどの“モノ消費”よりも、“コト消費”(スマホ利用)を優先する人が多いことが分かった。

ミレニアル世代も視聴デバイスは「テレビ」が最多
 同調査は、全国の18歳~26歳のテレビを観ることがあるスマートフォンユーザー1000人を対象としたインターネット調査によるもので、調査
期間は3月5日~7日。調査協力機関はネットエイジア(株)。同調査での「ミレニアル世代」とは、1980年代から2000年代初頭に生まれ、2000年以降に成人を迎える世代を示す。



 まず、テレビ番組をどのデバイスで観たいかについては、視聴シーン別・番組ジャンル別に聞いたところ、すべての番組ジャンルで「テレビ」が最
も多かった。中でも「ドラマ」(82.1%)、「バラエティ」(84.9%)では「テレビ」の占める割合が最も高かった。一方、「スマホ」と答
えた人の割合は、「音楽・ライブ」(23.4%)、「ドラマ」(22.7%)、「映画」(19.9%)、「バラエティ」(19.7%)などだった。



一人で観るときは「スマホ」が半数に
 また、シーン別では、「一人で観るとき」「家族と観るとき」「恋人と観るとき」「友人と観るとき」のいずれのシーンでも「テレビ」が最も多くなったが、「一人で観るとき」については「スマホ」の割合も43.7%と半数に迫る勢いとなっている。



 スマホでの動画視聴については、スマホで動画視聴をする時にどのアプリを使用するかについて質問。その結果、1位「YouTube」(86
.3%)、2位「AbemaTV」(16.4%)、3位「niconico」(13.7%)の順となった。



 どのようなジャンルの番組をスマホで観ているかについては、1位「国内ドラマ」(38.1%)、2位「バラエティ・お笑い」(36.4%
)、3位「音楽(テレビ番組以外)」(35.6%)の順で答えた人が多く、男性では「アニメ」(37.6%)、女性では「国内ドラマ」(46.4%)が最も多かった。



 他に、「パートナー」「恋人とのデート」「趣味」などのいくつかの項目と、「スマホ利用」のどちらを優先するかについて質問したところ
、「スマホ利用VSクルマ」では、「スマホ利用優先」(88%)、「クルマ優先」(12.0%)と、圧倒的にスマホに軍配が上がる結果に。
「スマホ利用VS趣味のコレクション・グッズ」では、「スマホ利用優先」(68.9%)、「趣味のコレクション・グッズ優先」(31.1
%)と、スマホ利用優先派が多数となり、ミレニアル世代には“モノ消費”より“コト消費”を優先させたいと考える人が多いことが分かった。
https://www.tsuhannews.jp/50688

中国で車を異常な運び方をする車が発見んされる

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US]
6月1日、浙江省の道路で車を異常な運び方をしていた三輪自動車が目撃された。

荷台に横向きに車を乗せ輸送しており、車線からはみ出て走行。その車の様子を後ろを走っていた車と
道路の監視カメラが捉えていた。

その動画がネット上に拡散し問題となり、警察は捜査にのりだした。該当の運転手を捉え事情を聞いたところ、
運転手の男性は「最近乗用車を購入し、部品を売るために車を運んでるところだった」と伝えた。

警察は1,300元(約2万2000円)相当の罰金を課し、運転免許9点を減点した。

http://gogotsu.com/archives/40561
no title

no title

【歌手】GACKT、“改造に1年かけた”愛車を公開「カッコいい」「ガックンの助手席に乗りたい」の声

カテゴリ:
1: ストラト ★
シンガーソングライターのGACKTが15日、自身のInstagramを更新。
改造に1年かかったという愛車を披露し、ファンの間で話題となっている。

同投稿でGACKTは、「やっと改造に1年かけたアベンタが届いた。KLの暑い日差しに合ってる。ドライブに行こっと」とコメントし、パープルの愛車の前で嬉しそうにピースをする“チャンプロード写真風”の1枚を公開した。
『チャンプロード』とは、暴走族向け自動車雑誌・オートバイ雑誌のこと。

そんなGACKTの姿にファンからは、「GACKTさんにお似合いの愛車ですねぇ」「カッコいい車ですね、絵になります」「ステキ過ぎで、シビれてます」とGACKTらしいデザインを絶賛する声や、「GACKTさんとドライブしたぁ?い」「私も、一緒に乗せて欲し?い」「ガックンの助手席にのりたい」とGACKTとのドライブを懇願する声などが寄せられた。

GACKTは現在AbemaTVで放送中のポーカー番組『GACKTプロデュース!POKER×POKER?業界タイマントーナメント』に出演中。
同作はポーカープレイヤーとして、世界各国のカジノで開催される大会に出場するほどの実力者GACKTが、1対1のタイマン勝負をテーブルの側で観戦しつつ進行役も務め、ポーカー(テキサスホールデム)のルール、両者の心理状態、明かされたカードによって可能性がある役の紹介など、休むことなくしゃべり続けるという新感覚番組。
次回は、6月16日よる0時から放送される。

http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0616/abt_180616_4205447882.html

GACKT 改造に1年かけた愛車「アベンタ」を公開
no title

スピード違反は逃さない 栃木県警がR35GT-Rパトカー導入

カテゴリ:
1: クソ茨城とは別人です ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US]
栃木県警が導入した日産自動車の高級スポーツカー「R35型GT-R」のパトカーが15日、宇都宮市の栃木県庁で披露された。
県警に「交通事故抑止対策に役立ててほしい」との寄付の申し出があり、この日の「栃木県民の日」に合わせて寄贈式が開かれた。

県庁本庁舎の玄関前での寄贈式では、寄付した栃木市の会社社長、中村和男さん(64)からレプリカキーが福田富一知事に贈られ、坂口拓也県警本部長は「関係者に深く感謝し、事故抑止のため最大限活用したい」と述べた。

県警高速隊に配備され、同隊は「高速道路での危険なあおり運転や悪質なスピード違反は大きな問題。最新車両を有効に使いたい。抑止効果は高い」と意気込む。
パトロールやイベントでの展示で活用する方針。高性能な最新車種の配備に隊員の期待も大きい。

県警は詳細な性能を明らかにしていないが、R35型GT-Rは3・8リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高時速は300キロ以上とされる。
日産自動車が誇る最新モデルの車種で、生産拠点は同県上三川(かみのかわ)町の栃木工場。

この日の寄贈式には県外からもスポーツカーマニアが訪れた。
東京都江東区の男性会社員(40)は「栃木県警は日産フェアレディZやホンダNSXもあり、注目している。
今回は若い人向けの斬新なデザイン」と盛んにカメラのレンズを向け、東京都足立区の男性会社員(38)も「会社を休んで見に来た。栃木県警は高級車の宝庫。車体の低いところが格好良い」と話していた。

16日午前10時~正午、県庁で開かれる県民の日のイベントでも展示される。

http://www.sankei.com/life/news/180615/lif1806150021-n1.html
no title

このページのトップヘ

見出し画像
×