店でタイヤ交換しても、1本500円で4本で2000円だろ。自分でしなくても良いのでは?

カテゴリ:
1: 2017/04/14(金) 18:20:50.50 ID:Bn9WMaF10 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
ある日、ガソリンスタンドでタイヤの点検を受けた井琥(@iko_tl)さん。
点検の結果を「どれどれ」と見てみたのですが、スタッフが『アドバイス欄』に書いた言葉に、思わず笑ってしまったといいます。。

http://news.livedoor.com/article/detail/12934724/
394_1636_1205306778

【車】「軽に白ナンバー」人気爆発 19年ラグビーW杯仕様 千円以上の寄付でラグビーボール模様も

カテゴリ:
1: 2017/05/02(火) 16:21:51.98 ID:CAP_USER9
2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本開催を記念した特別仕様のナンバープレートを軽自動車に取り付ける人が爆発的に増えている。

軽自動車にも「黄色ナンバー」ではなく、自家用の普通車と同じ「白ナンバー」を着けられるのが人気の理由。
4月末までに申し込みがあった3万4134件のうち、78%が軽自動車向けだった。

W杯ナンバーは、4月3日に交付を始めた国内初の図柄入り自動車用プレート。右肩に大会ロゴマークがあしらわれている。
交付料金は地域により異なり、東京地区は7000円。
1000円以上の寄付をすれば左側にラグビーボールの図柄も入る。寄付金は大会時の観客輸送に充てる方針だ。

軽自動車の黄色ナンバーをめぐっては「格好良くない」「車体の色と合わない」などの声も上がる中、使用中の車でも番号を変えずに白ナンバーに交換できるという手軽さも受けているようだ。
予想を上回る人気ぶりに、国土交通省幹部は歓迎しつつ、「本来の目的は、着けてW杯を応援してもらうことなので…」と複雑な表情を浮かべている。

ラグビーW杯開催を記念した図柄入りナンバープレート
no title


配信 (2017/05/02-14:58)

時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050200670&g=eco

レンタルカート『マリカー』が大量に駐車されているのが確認! 有料駐車場を占拠できるほど儲かる

カテゴリ:
1: 2017/05/06(土) 11:16:36.74 ID:3Radoyaf0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
レンタルカートサービス『マリカー』が大量駐車されている写真がSNSに投稿されている。

その写真は千代田区議員が投稿したもので、「秋葉原ガード下の駐車場に多くのカートが駐車中なのを発見した。
交通量の多い時間帯でのカート利用は、困るだろう」とし「この台数がアキバのまちに全部出たら壮大な風景になり、
話題になる。しかし、まだ大量のカートがアキバを走っているのを見たことがない」とFacebookに投稿している。

この議員に直接駐車されている場所を尋ねたところ、「神田消防署前のガード下」だという。
つまり山手線の下のパーキングにこの『マリカー』のカートが大量に駐められている。
ここから渋谷や新宿などあらゆるところに走って行くのか、別所にも駐車スペースがあるのか不明。
どちらにせよ、有料駐車場を占拠できるほど儲かっているということには違いなさそうだ。

今、任天堂と係争中になっているレンタルカート『マリカー(株式会社マリカー)』。
都内には似たような衣装を貸し出すレンタルカートサービスはほかにもあり、大手企業が経営する『アキバカート』などもある。
『アキバカート』は漫画喫茶、耳かき、個室ビデオなどを経営する大手企業。

著作権侵害の問題だけでなく、こういった接触事故を懸念し任天堂は警告。度重なる警告を受け入れなかったため
『マリカー』を相手取り1000万円の損害賠償請求を求めている。
しかし任天堂からの警告後もサービスはやめず継続している。つい最近編集部も渋谷で疾走する『マリカー』を確認した。

http://gogotsu.com/archives/28668
no title

no title

no title

no title

マツダ「ロードスターで凄い電動屋根作った!これが技術!」 → ドイツ企業が作りました

カテゴリ:
1: 2017/05/01(月) 15:00:18.52 ID:V0YLbazi0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
 マツダ「ロードスター」の金属製屋根をはじめ、自動車のルーフシステムを手がける独ベバストの日本法人。「グループでも日本法人の実力は評価されている。
海外とネゴする力をもっと高めて他国をリードする存在にならないと」。初の外国人社長として真のグローバル化を目指す。

 日本企業での勤務経験もあり職歴は豊富。ベバスト入社後は顧客対応を担当。コミュニケーションを重視する姿勢が評価され社長に就いた。
就任後のあいさつでは、社員同士が尊重しあって人材を確保し定着させることの重要さや、業務上のリスクをあらかじめ認識して対応することの重要さを訴えたという。

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00010009-newswitch-ind


【インタビュー】マツダ ロードスター RF、動きひとつや素材にまで徹底的にこだわったルーフ
no title

https://response.jp/article/2017/04/14/293531.html

このページのトップヘ

見出し画像
×