母親と一緒に道路を横断していた3歳女児、車カスの左折タクシーに轢かれて死亡。車カス安定の母親叩き

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US]
タクシーにはねられ3歳女児死亡

3c7f398aaf536a34eb0e1e0a1b82bdd2
*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/4005011481.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

4日夜、福山市の市道で、母親と道路を横断していた3歳の女の子がタクシーにはねられ、死亡しました。

警察によりますと、4日午後8時50分ごろ、福山市元町の市道で、母親の後を追って
道路を横断していた福山市山手町の長尾双花ちゃん(3)がタクシーにはねられました。
この事故で、双花ちゃんは病院に運ばれましたが、全身を強く打っていてまもなく死亡しました。

現場はJR福山駅から400メートルほどのところにあるセンターラインのない道路で
警察によりますとタクシーは信号機のない交差点を左折したところで、
道路を渡っていた双花ちゃんをはねたということです。

付近に横断歩道はなく、警察は、タクシーの46歳の運転手から詳しく話を聞くなどして当時の状況を調べています。

02/05 08:20

フェラーリの販売台数が過去最高を更新!日本での爆売れが要因か?

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX]
イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリは、2017年の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は、過去最高の8398台。前年比は4.8%増だった。

車種別の2017年の販売実績では、V型12気筒ガソリンエンジン搭載車が、前年比25.1%増と牽引。これは、『GTC4ルッソ』と『812スーパーファスト』投入の効果が大きい。

『488GTB』や『488スパイダー』など、V型8気筒ガソリンエンジンを積むモデルは、前年並みの販売実績。
これは、『カリフォルニアT』の生産が終了し、後継車の『ポルトフィーノ』の納車開始が、2018年第2四半期(4~6月)に控えているため。

市場別の2017年の販売実績では、欧州や中東、アフリカが、前年比4%増。中でも、イタリアやフランス、英国は2桁の伸び。ドイツは、前年比がひと桁台にとどまる。

南北アメリカは、前年比4.6%増。中国は、ほぼ前年並み。中国を除いたアジア太平洋地域は、前年比12.3%増と2桁の伸びを達成している。

フェラーリ世界販売、4.8%増で過去最高に…V12搭載車が牽引 2017年
https://response.jp/article/2018/02/05/305675.html
no title

【中古車】「修理歴あり」の中古車に潜む落とし穴 エンジンが落下したというケースも

カテゴリ:
zikosya0729
1: じゅげむ ★
修復の中身が正確に判断できない以上選ばないほうがいい
 先日仕事でロサンゼルスを訪れていた時、あるオートモール(ディーラーが街の1カ所に集中して出店しているところ)のテレビコマーシャルが頻繁にオンエアされていた。

個人間売買で、あるクルマを買うためにそのクルマのオーナー宅を訪れた若者。現オーナーに「クルマのコンディションについていろいろ聞きたい」というと、「もちろん」と快諾する。

すると若者は嘘発見機をオーナーにつけて質問を始めた。最初の質問が「事後歴はあるか?」。
するとオーナーは「事故歴などはない」と答えると、嘘発見機の針が大きくふれ、オーナーは「2回あったかな」と言いかえる。
以降も都合の悪いことを隠し続けるので、針は大きくふれ続け、最後は「オートスクエアの中古車なら安心」でオチとなった。

果たして専売業者のほうが個人間売買より信用度が高いかはともかく、それだけ中古車を購入する際には慎重なチェックをしないと、なかなか良い買い物ができないことは万国共通なんだなと感じさせてくれた。

以前ロサンゼルスで知人が自分のクルマを個人間売買で転売する場面に遭遇した。相手はクルマを入念にチェックし、商談は無事成立。
相手の家にクルマを置きに行き、帰るときに「トランスミッション調子が悪かったんだよね」とのことであった。
知人は別に相手が聞いてこないので答えなかっただけで、特別隠したわけでもないということになる。

>>2へ続く
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14247623/

【動画】 雪道専用のフェアレディZ、日産が公式に発表

カテゴリ:
d0c96323-s
1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) [US] 2018/02/08(木) 13:42:51.01 ID:NxGVKEWH0● BE:886559449-PLT(22000)
【公式魔改造】日産が作った “ 雪山もへっちゃら” な「フェアレディZ」がワイルドすぎる!

2018年に入ってから、雪に関するニュースが続いている日本列島。こうまで雪が降ると、
飛行機や列車など、様々な交通機関の運行に影響が出るから大変だ。

特に車はモロに影響を受けるが、何やら海外には雪山もへっちゃらな改造車があるらしい。
製作したのは米国の日産自動車。なんと、ベース車両は同社の本格スポーツカー
「フェアレディZ」だというから驚くしかない。

・フロントに巨大なスキー板を装備
改造車の名前は『370スキー(370 Zki)』である。Nissan USAの情報によると、このマシンは、
フェアレディZのオープンタイプ「370 Zロードスター(日本名:フェアレディZロードスター)」をベースに
製作されたものだ。

『370スキー』という名前の通り、フロントタイヤに代わってフロントには巨大なスキー板を装備。
リアにもクロール(キャタピラー)が搭載されており、まるでスノーモービルのような雪上専用マシンに仕上がっている。

エンジンやトランスミッションに変更は無く、332馬力のパワーを誇る、3.7リッターV型6気筒エンジンに
7速ATの組み合わせとのこと。動画「Nissan hits the Znow with the 370Zki Roadster」で
マシンの様子を確認すると……。

・雪上を豪快に爆走
ウォォォーーー! 雪上を豪快に爆走する姿が激カッコィィィイイイーーー!! 
超ワイルド&スポーティーな外観だけでなく、しっかりと優れた走行性能を備えているところは、
さすが “技術の日産” である。

ちなみに、『370スキー』は特別に製作されたコンセプトモデルとなっており、市販化は予定していないとのこと。
もしこのマシンの足まわりとタイヤをすぐに取り替えられるモデルを日産が発売すれば、
豪雪地帯で重宝されるかもしれないだけに残念だ。

https://rocketnews24.com/2018/02/08/1017377/
https://www.youtube.com/watch?v=K3aFtwRjnJc


【福井】運転免許証の自主返納者の思い 「大きな事故を起こす前に」

カテゴリ:
img_68b465f0b5f98d85fcd11fd88fe138ab340311
1: ばーど ★
福井市は30日、運転免許証の自主返納を呼び掛ける啓発イベントを同市のエルパで開いた。福井署が返納窓口を開設、「大きな事故を起こす前に」と高齢ドライバーらが手続きに訪れていた。

 自主返納は坂井市の県運転者教育センターや各警察署などで手続きできるが、返納に伴う市のサービスを受けるには市役所か各総合支所に行く必要がある。啓発イベントはこうした不便を解消し、一括して手続きできるようにするのが目的。

 エルパには、高齢ドライバーが家族らとともに足を運んだ。返納が完了した後は、バスや電車の回数券、割引など3種類ある市の返納支援制度から一つを選び、交付を受けた。この日は8人が免許を返納した。

●免許返納者の声●

【88歳男性(福井市)】
 「昨年11月、信号無視した若い女性の車にぶつけられた。いくら自分が気を付けても事故に遭うこともある。あと1、2年は乗りたかったけど、事故を起こすと惨め。寂しいが我慢して返納することにした」

【84歳男性(同)】
 「昨年7月、目的地に急ぐあまり追突事故を起こし、相手に軽いけがをさせてしまった。大きな事故を起こす前に返納しようと思った」

【73歳女性(同)】
 「1年前に交通事故を起こし、左目が不自由に。それ以来乗っていないので返納した。夫も5年ほど前に返した。バスや電車の時刻表を家に張るようになった」

【84歳男性(同)】
 「前回の免許更新では認知症検査でうまく質問に答えられなかった。病院にはバスで行けるが、車がないと買い物が不便。それでも事故を起こすよりは」

2018年1月31日 午後5時10分
福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/288569

このページのトップヘ

見出し画像
×