【車】無人で交通違反を摘発する自動運転パトカーの登場で違反ドライバーは絶対に逃げられないようになる フォードが特許申請

カテゴリ:
1: ばーど ★
自動運転カーの登場で交通違反が減ると予想されていますが、ハンドルを握るドライバーがいる限り、交通違反がなくなることはありません。フォードが特許申請した「Autonomous Police Vehicle」(自動運転パトカー)は、監視カメラと連携して違反車両を追跡し、警告を出したりその場で違反切符を切ったりするとのこと。違反逃れをほぼ不可能にします。

Autonomous Police Vehicle
(PDFファイル)http://www.freepatentsonline.com/20180018869.pdf

Ford wants to patent a driverless police car that ambushes lawbreakers using artificial intelligence - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/news/innovations/wp/2018/01/30/ford-submitted-a-patent-for-an-autonomous-police-car-the-u-s-government-just-approved-it/

フォードが特許申請中のAutonomous Police Vehicle(APV)は、自動運転でパトロールをし、交通違反車両を発見します。APVのすごいところは、街中に設置された監視カメラと連携して違反車両を捕捉する点。APVが違反車両による交通違反を現認するだけでなく、違反の事実を確認した監視カメラからの情報を得て違反車両を追跡することも可能です。

no title


APVは違反車両に接近すると、車両の外観やナンバープレートを高性能カメラで撮影します。APVは自動運転カーと通信することも可能。違反車両が自動運転モードで走行しているのかそれとも人間がハンドルを握っているのかを検出できるとのこと。違反の事実を確認したAPVは、警告を出すのか反則切符を切るのかを判断して処理します。

https://i.gzn.jp/img/2018/02/01/autonomous-police-vehicle/a02_m.png

さらに機械学習技術を応用することで、交通違反が発生しやすい場所や時間を予測して、その予想に基づいてAPVは交通違反が起こる可能性の高い場所で待ち伏せすることも想定されています。

フォードによると、APVの車内では警官が待機でき、違反車両の発見や警告、違反切符の発行などの作業をすべて全自動化することで、人間しか対応できないタスクに警官が集中できるようになるそうです。

2018年02月01日 12時30分00秒
gigazine
http://gigazine.net/news/20180201-autonomous-police-vehicle/

【自動車】ランボルギーニ、新型車「ウルス」日本初公開

カテゴリ:
1: ノチラ ★
no title

時速305キロ 市販SUVで最速

 イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニは6日、新型スポーツ用多目的車(SUV)「ウルス」を日本で初公開した。欧州の高級車メーカーが続々と日本市場にSUVを投入する中、スーパーカー並みの走行性能で差別化を図り、販売増に弾みをつける。

 最大5人乗りのウルスは、排気量4000ccの高出力エンジンを搭載し、走行状況に応じて車高や横揺れを調整する機能を取り入れた。最高速度は時速305キロで市販のSUVの中では最速という。静止状態からわずか3.6秒で時速100キロまで加速できる。

 同社のステファノ・ドメニカリ最高経営責任者(CEO)は「日常使いの車として家族や友人と乗ってほしい」と述べ、米国に次いで購入者が多い日本市場での販売増に意欲を示した。受注は既に受け付け、今秋に納車が始まる予定。価格は税別2574万円。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180207/bsa1802070500002-n1.htm

Twitter民、大事な車に オナニスト と落書きされガチギレ

カテゴリ:
1: 風吹けば名無し
拡散お願いします。
友達が埼玉の上里サービスエリアで車にイタズラされました。流石に友達も辛い思いしてるんで出来るだけ情報欲しいです。
後埼玉の別の場所でもあるらしいので気をつけるしか出来ませんが皆様気をつけてください。
http://twitter.com/tariannn1911/status/960454641057112065

no title

no title
👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:a3781ace2e9924b3cc1824cf6f803ee4)

【三重】軽乗用車がガードレールに衝突20代男女2人死亡 ガードレールが車内にまで突き刺さる (事故車写真あり)  亀山

カテゴリ:
1: みつを ★
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180204/k10011314911000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015

2月4日 18時28分
4日午前、三重県亀山市の自動車専用道路で、軽乗用車が道路脇のガードレールに衝突し、乗っていた男女2人が全身を強く打って死亡しました。

4日午前9時50分ごろ亀山市関町の自動車専用道路・名阪国道で、軽乗用車が道路脇のガードレールに衝突しました。

この事故で、車を運転していた大阪市東住吉区の会社員、江端勇貴さん(23)と、助手席に乗っていた20代と見られる女性の合わせて2人が全身を強く打ち、病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

現場は、制限速度が時速60キロの自動車専用道路の片側2車線の左カーブで下り坂になっていて、警察によりますと、衝突の衝撃でガードレールが車内にまで突き刺さった状態だったということです。警察が事故の原因を調べています。

no title

彡()()「ファッ!?対向車がいきなり突っ込んできたンゴ!」裁判所「4000万払え」

カテゴリ:
21ce7641
1: 風吹けば名無し
車同士が衝突し、センターラインをはみ出した側の助手席の男性が死亡した事故について、
直進してきた対向車側にも責任があるとして、遺族が対向車側を相手に損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが13日、福井地裁であった。

原島麻由裁判官は「対向車側に過失がないともあるとも認められない」とした上で、
無過失が証明されなければ賠償責任があると定める自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき「賠償する義務を負う」と認定。
対向車側に4000万円余りの損害賠償を命じた。

死亡した男性は自身が所有する車の助手席に乗り、他人に運転させていた。車の任意保険は、
家族以外の運転者を補償しない契約だったため、遺族への損害賠償がされない状態だった。
対向車側は一方的に衝突された事故で、責任はないと主張していた。

自賠法は、運転者が自動車の運行によって他人の生命、身体を害したときは、損害賠償するよう定めているが、
責任がない場合を「注意を怠らなかったこと、第三者の故意、過失、自動車の欠陥があったことを証明したとき」と規定。
判決では、対向車側が無過失と証明できなかったことから賠償責任を認めた。

http://sokuhou.fukuishimbun.co.jp/news/2015042002.html

このページのトップヘ

見出し画像
×