【車】メルセデスベンツ Aクラス、新型を発表…4世代目が登場

カテゴリ:
1: ばーど ★
メルセデスベンツは2月2日、オランダ・アムステルダムにおいて、新型『Aクラス』を発表した。

現行Aクラスは3世代目モデルで2012年春、ジュネーブモーターショー2012で初公開。初代、2代目から一転し、背の低いハッチバックデザインを採用。BMW『1シリーズ』やアウディ『A3スポーツバック』などの競合車を相手に、販売面で成功を収めてきた。

そのAクラスが、およそ6年ぶりにフルモデルチェンジし、4世代目モデルが登場。新型は若々しさやダイナミックなキャラクターを維持しながら、上質さや快適さに、いっそうの磨きをかけている。

新型Aクラスのフロントマスクには、新型『CLSクーペ』など、最近のメルセデスベンツに導入されたデザイン言語を反映。ヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーを組み込む。空気抵抗を示すCd値は0.25と、エアロダイナミクス性能を追求した。

新型Aクラスのインテリアには、初めてコックピットの上のカウルを完全に無くしたデザインを導入。また、タービン状の空調吹き出し口や3本スポークのステアリングホイールは、最新メルセデスベンツ車に見られるデザイン。

また、現行モデルに対して、新型では室内空間を拡大。乗員の肩や肘の周辺、頭上と、すべての部分でスペースを広げた。荷室容量は奥行きを115mm延ばした効果で、現行よりも29リットル増えて370リットルに。リアゲートの開口部も、200mm広がり、積載性を向上させた。

欧州では発売当初、ガソリンとディーゼルの3種類のエンジンを設定。中でも、ガソリンは、新開発の「M282」型1.4リットル直列4気筒ターボユニットを、「A200」グレードに搭載。現行の1.6リットルから排気量を縮小しながら、最大出力163hp、最大トルク25.5kgmと、11%強化。7速デュアルクラッチトランスミッション車では、気筒休止システムを採用し、燃費性能を高めている。

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


2018年2月3日(土) 11時51分
レスポンス
https://response.jp/article/2018/02/03/305628.html

【北海道】バイクに「暴走族緊急車両」の旗を立て、赤信号無視に蛇行運転 少年5人を逮捕・送検…札幌市

カテゴリ:
hqdefault
1: かばほ~るφ ★
バイクに「暴走族緊急車両」 赤信号無視に蛇行運転 少年5人逮捕 知人通じて"族"結成 札幌市
2018年1月31日12:04

2017年、札幌市の中心街などで赤信号を無視するなど危険な運転をしたとして
10代の少年5人が1月31日までに逮捕・送検されました。

札幌市の中心街を走行するバイク。赤信号を無視し、バイクには「暴走族緊急車両」の旗が立っています。

道交法違反の疑いで31日までに逮捕・送検されたのは10代の少年ら計5人です。

少年5人は去年、札幌市中央区などの国道をバイク5台で赤信号を無視したり
蛇行運転するなどした疑いが持たれています。

警察の調べに対し少年4人は「間違いない」と容疑を認めていますが、
1人は「その日は走っていない」と否認しています。

警察によりますと少年らは、知人を通して知り合い、2017年の夏に暴走族を結成していたということです。

警察は2017年、暴走族の取り締まりをする過程で10月に少年らの暴走行為を
確認したということで、警察は少年らから詳しい事情を聴いています。

北海道ニュースUHB
https://uhb.jp/news/?id=3718
(ソースに動画あり)

アメリカで実際に乗客を乗せた自動運転シャトルバス運用開始 開始後2時間で衝突事故w

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ]
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
その自動運転バスの公道走行は、「衝突事故」から始まった──「人間」が絡む課題の数々が浮き彫りに
https://wired.jp/2018/01/28/las-vegas-shuttle-crash/

自動運転シャトルバスの実験的走行が世界各地で拡大し、ラスヴェガスでは公道での走行が始まった。
ところがスタート早々にトラックにぶつけられる“災難”に見舞われた。人間という「ミスが不可避な存在」への
対策が求められるなか、自動運転シャトルバスの公共交通としての可能性について改めて考える。

no title


米国における自動運転シャトルバスの時代は、「衝突」から始まった。実際には軽微な衝突だと、
シャトルバスの運営側はコメントしている。

2017年11月8日(米国時間)にラスヴェガスの公道で、運転手のいない小型のシャトルバスの運行が開始した。
担い手は、フランス最大の公共交通輸送サーヴィスを提供し、多国籍で事業展開するケオリス(Keolis)と、
フランスの自律走行車メーカーであるナヴィヤ(Navya)、そして米国自動車協会(AAA)だ。

このバスは電気自動車(EV)で、乗客を不安にさせないために係員が1人搭乗。8人の乗客を乗せて
フレモントストリートの娯楽地区を約800mのループ状に走行していた。

衝突が起きたのは、運行を始めてからわずか1~2時間後のことだ。ケオリスとAAA、さらに実際にバスに乗っていた男性が
「Digital Trends」に投稿した内容によると、シャトルバスは路地に入ろうとバックしていた配送トラックに遭遇して停車した。

この際、すぐ後ろに別のクルマが来ていたので、後退できなかったという(バスに乗っていた男性の報告によると、
後方には6mほどの余裕があり、人間の運転手であれば後退しただろうという)。シャトルバスは、配送トラックが
ゆっくりとバックしながらバスに当たるまで、その場でただ待機していた。

少なくともクラクションを鳴らすことはできたはずだが、ケオリスの説明によると、自動運転システムが予期しない方法で
トレーラーが動いたため鳴らさなかったのだという。AAAのジョン・モレノは、「今回のケースは、われわれが回避しようと
努力を続けている人的ミスの格好の例です」と述べている。

【車】20時間の力作「雪のランボルギーニ」、無断駐車じゃなかったが「そろそろ溶けそう」 函館

カテゴリ:
1: ばーど ★
雪のランボルギーニ
no title


北海道函館市にある商業施設のスペースで、北大生らが1月28日、イタリアの高級車「ランボルギーニ」の雪像をつくりあげた。ツイッターでは、この「雪のランボルギーニ」の画像が拡散されて、話題になっている。中心となったメンバーは「一生忘れられない思い出だ」と話す。(弁護士ドットコムニュース編集部・山下真史)

●商業施設側から制作オファーがあった

「今年はシエスタハコダテ前にランボルギーニ無断駐車してやった」

この投稿は、2000回数以上リツイートされた。画像との組み合わせで、ランボルギーニの雪像を、商業施設の前に「無断設置」したように読みとれる。弁護士ドットコムニュースの記者が「これは…もしかして違法!?」などと調べはじめたところすぐ、実は商業施設側からの依頼で制作されたものだったことがわかった。

中心メンバーの1人、北大水産学部・井口陸弥さん(23歳)さんによると、オファーのきっかけは、2016年12月、北大・函館キャンパス内の駐車場にランボルギーニ・アヴェンタドールの雪像をつくったことだ。「もともと自動車が好きで、ランボルギーニを雪でつくってみたかったんです」(井口さん)。その際、地元紙にもとりあげられて、大きな反響があった。

この冬も、何かの雪像をつくろうと考えていたところ、2017年4月にオープンしたばかりの大型商業施設「シエスタハコダテ」の関係者から12月ごろ、「大通りの活性化のために、人に喜んでもらえるような雪像をつくってみないか」という話があったという。その後、トントン拍子に企画がすすんだ。

●雪が溶けはじめているため「撤去」が検討されている

函館市は例年1月に最低気温を記録する。井口さんたちは、雪が溶けにくくなるタイミングを待って、1月27日から作業をはじめた。商業施設の周辺のビルや家に声をかけて、軒先にあつめられた雪をもらった。「除雪になるので、みんな快くくれました。勝手にもってきたんじゃないですよ(笑)」(井口さん)。運搬には、軽トラックと4トントラックを利用した。

井口さんによると、一番大変だったのは、雪をかためて一つの立方体をつくる作業。そこから、綿密な設計図をもとに、雪専用のノコギリをつかって、往年の名車「ランボルギーニ・カウンタック」を切り出した。井口さんの友人と商業施設側があつめた計14人による作業は約20時間。「完成したとき、疲れきったメンバーみんな、生き生きした表情でした。一生忘れられません」(井口さん)

シエスタハコダテ前は、地元の人だけでなく、五稜郭公園に歩く観光客も多い。道行く人びとは、できあがったランボルギーニを目にすると、スマホを取り出して、写真を撮っていたという。シエスタハコダテの担当者は「みんなにすごく喜ばれていた」とコメントした。

ただ、完成から5日経った2月2日段階で、ランボルギーニの車体が溶けはじめている。北大生たちの力作は「無断駐車」ではなかったわけだが、そろそろ「撤去」(片付け)が検討されているという。法律問題として調べはじめたところ、雪が溶けるほど心あたたまる話だった。

2018年02月03日 08時32分
(弁護士ドットコムニュース)
https://www.bengo4.com/internet/n_7376/

【車】無人で交通違反を摘発する自動運転パトカーの登場で違反ドライバーは絶対に逃げられないようになる フォードが特許申請

カテゴリ:
1: ばーど ★
自動運転カーの登場で交通違反が減ると予想されていますが、ハンドルを握るドライバーがいる限り、交通違反がなくなることはありません。フォードが特許申請した「Autonomous Police Vehicle」(自動運転パトカー)は、監視カメラと連携して違反車両を追跡し、警告を出したりその場で違反切符を切ったりするとのこと。違反逃れをほぼ不可能にします。

Autonomous Police Vehicle
(PDFファイル)http://www.freepatentsonline.com/20180018869.pdf

Ford wants to patent a driverless police car that ambushes lawbreakers using artificial intelligence - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/news/innovations/wp/2018/01/30/ford-submitted-a-patent-for-an-autonomous-police-car-the-u-s-government-just-approved-it/

フォードが特許申請中のAutonomous Police Vehicle(APV)は、自動運転でパトロールをし、交通違反車両を発見します。APVのすごいところは、街中に設置された監視カメラと連携して違反車両を捕捉する点。APVが違反車両による交通違反を現認するだけでなく、違反の事実を確認した監視カメラからの情報を得て違反車両を追跡することも可能です。

no title


APVは違反車両に接近すると、車両の外観やナンバープレートを高性能カメラで撮影します。APVは自動運転カーと通信することも可能。違反車両が自動運転モードで走行しているのかそれとも人間がハンドルを握っているのかを検出できるとのこと。違反の事実を確認したAPVは、警告を出すのか反則切符を切るのかを判断して処理します。

https://i.gzn.jp/img/2018/02/01/autonomous-police-vehicle/a02_m.png

さらに機械学習技術を応用することで、交通違反が発生しやすい場所や時間を予測して、その予想に基づいてAPVは交通違反が起こる可能性の高い場所で待ち伏せすることも想定されています。

フォードによると、APVの車内では警官が待機でき、違反車両の発見や警告、違反切符の発行などの作業をすべて全自動化することで、人間しか対応できないタスクに警官が集中できるようになるそうです。

2018年02月01日 12時30分00秒
gigazine
http://gigazine.net/news/20180201-autonomous-police-vehicle/

このページのトップヘ

見出し画像
×