【画像】これが2300万円の車…

カテゴリ:
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

アストンマーティン v12 ヴァンテージ s
5900ccのV型12気筒エンジンで573馬力
マニュアルミッションでFR
ボディーサイズは4385×1865×1250mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2600mm。車両重量は1665kg

車両価格2300万円なり

軽の主婦ドライバーが横断歩道を渡ってきた小学生をはねてしまうドラレコ これは車が100パー悪いよな

カテゴリ:
575859ea
1:
なべあき
視聴回数 22,142 回
チャンネル登録3

https://youtube.com/watch?v=PYGLvWZ_Gwo




2017/11/15 に公開
小学生の交通事故です。
ドライバー及び学生の皆さんも前方注意、
急な飛び出しには気をつけましょう。

天山リゾートワイワイ走行会という糞みたいなイベントでドリフト走行車カスが観客を巻き込む。

カテゴリ:
img_5a07c3946ff64
1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [DK] 2017/11/12(日) 19:33:30.02 ID:4MK2Jx7U0● BE:645596193-2BP(2000)

http://carpit-morinaga.com/2017/09/29/
天山リゾート-ワイワイ走行会4th-参加者募集/

イベント概要
恒例となっております、天山リゾートワイワイ走行会4thを開催する運びとなりました。皆様の参加申し込みをお待ちしております。

日程:

平成29年11月12日(日)
場所:

天山スキー場(天山リゾート)
住所:

佐賀市富士町大字市川2338-6
参加費:

1台 5,000円
ダブルエントリーの場合:

1台6,000円
定員:60名(定員に達しました)
クラス:

・ドリフト

・ドリフト(ビギナー)

・グリップ

確 認 事 項

1.事故等をすべて自己責任とし、賠償等の請求は一切いたしません。

2.施設や設備を損壊させた場合には、修理費用を弁償いたします。

3.指定場所以外の施設には近づきません。芝生の部分に車では入りせん。

5.行きかえりは、インナーサイレンサー(消音器)を装着し、騒音を抑え、地域住民に迷惑をかけません。
※当日は火気厳禁です!BBQなども禁止です。

参 加 申 込
※ご好評につき、定員に達しました。たくさんのお申込みありがとうございました。


<お問合せ>
株式会社 カーピット森永
TEL0952-23-XXXX FAX0952-23-XXXX

車ドリフト走行会で事故、4人負傷 男性が重体 佐賀
https://www.hokkaido-np.co.jp/sp/article/144616
12日午前9時半ごろ、佐賀市富士町の天山スキー場の駐車場で行われていた車の走行会で、乗用車がコースを外れ観客に突っ込んだ。
乗用車に乗っていた2人と観客2人の男性計4人が病院に搬送され、観客の40代男性(佐賀県小城市)が頭を打って意識不明の重体。2人が重傷を負い、1人がけがをした。
カーブで車のタイヤを滑らせながら走る「ドリフト」の愛好者が集まり、走行会を催していた。

佐賀北署は主催した佐賀市の自動車関連会社の関係者らから事情を聴き、業務上過失致傷容疑などでの立件も視野に安全管理が適切だったかどうか調べる。

【車】米国の「カムリ」人気はなんなのか? 現地トヨタディーラーに聞いた実際のところ

カテゴリ:
1:
2017年のSEMAショーにて、トヨタブースは「C-HR」&「カムリ」祭の様相を呈しました。日本以上にアメリカで人気という「カムリ」、実際のところどれほどの人気なのでしょうか。現地のディーラーにアポなし取材を敢行しました。

■アメリカでの「カムリ」人気の実際とは?

 2017年1月の「北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」で世界初公開となったトヨタ「カムリ」は2017年7月、日本とアメリカでほぼ同時期に販売が開始されました。10代目となる同車はそれまでの少し上の世代をターゲットとしたような落ち着いたイメージを払拭し、とってもカッコいいスタイルとなりました。日本のユーザーにはおおむね好評のようです。それでは、アメリカでの評価はどうなのでしょうか。

「SEMAショー2017」トヨタブースにて。NASCARドライバーのカイル・ブッシュがカスタムを手掛けた新型「カムリ」(2017年11月)
no title


 新型発売からおよそ5ヵ月が経過した2017年11月上旬、アメリカのラスベガスにて開催されたカスタムカーの一大イベント「SEMA(セマ)ショー2017」において、トヨタは新型「カムリ」の2018年モデルと、新たに投入された「C-HR」を中心にした出展を行いました。特に「カムリ」に関しては、標準モデルに加えてNASCARの契約ドライバー4名それぞれが手掛けた4種のクールなカスタムカーのほか、初代から10代目(現行)まで歴代「カムリ」を一堂に展示するなど、「大カムリ祭り」といえるほどの盛り上がりを見せていました。

 それもそのはず、「カムリ」は車王国アメリカで世界各国のセダンがしのぎを削るなか、15年ものあいだ、乗用車販売台数1位をキープしています。アメリカのユーザーは「カムリ」のどんなところに魅力を感じているのでしょうか。また、新型「カムリ」の評判はどのようなものなのでしょうか。ロサンゼルスのトヨタディーラーにて取材してきました。

「SEMAショー2017」にて。初代から現行10代目までの「カムリ」がズラリ。
no title

米カリフォルニア州ガーデナ市のトヨタ車ディーラー、SOUTH BAY TOYOTA。
no title

新型「カムリ」の、日本では販売されていないスポーティグレード「SE」「XSE」がずらり。
no title


 私(加藤久美子:自動車ライター)が訪れたのはロサンゼルス郊外ガーデナ市にある、SOUTH BAY TOYOTAというディーラーです。アポなしだったので、ダメ元で行ってみました。時間は17時を過ぎており、もう閉まっているのではないかと思ったのですが…グーグルマップの情報を見ると開店時間は21時までとなっています。半信半疑で行ってみると、駐車場もオフィスも煌々(こうこう)と明かりがついていて、オフィスには人影もいくつか見えます。私たちがゲスト用駐車場に車を停めると、なかからスタッフが出てきました。そこで、日本の自動車メディアで記事を書いていることや、アメリカでの「カムリ」ユーザーのことや新型「カムリ」への評価を知りたいということを伝えたところ、インターネットセールスの責任者であるジェイ・ソリアーノさんが対応してくれることになりました。フレンドリーな雰囲気の中、取材を快諾いただき、インタビューを開始しました。

■現地ディーラーに聞いた「カムリ」の実際のところ

>>2以降に続く

配信2017.11.19
乗り物ニュース
https://trafficnews.jp/post/79052

【愛媛】街中で車が暴走 運転手確保の瞬間 物損事故のあと逃走、人身事故を起こしながら1時間走り回る/松山

カテゴリ:
1: ばーど ★
no title


13日午後2時40分ごろ、愛媛・松山市内で、乗用車に乗り、信号無視や逆走などを繰り返していた男が、道路交通法違反の疑いで、その場で逮捕された。
警察によると、男は午後2時前、松山市鴨川の国道で、物損事故を起こしたあと、そのまま逃走、人身事故を起こしながら、市内をおよそ1時間にわたり、走り回った。

そして、男は、他人の車に乗り込もうとしたところを、警察によって身柄を確保された。
警察は、男の身元の確認を急ぐとともに、逃げた動機などをくわしく調べている。 (テレビ愛媛)

配信11/13 17:52
FNNニュース
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00376282.html

お前らクルマで理想のスペックを教えろ

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB]
sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
no title

no title

no title

no title


「ホンダ スポーツ ビジョン グランツーリスモ」には、同社の「人間中心」(Human Center Design)という考え方が、
クルマの骨格を決定する人の乗せ方やエンジン、タイヤの配置といったパッケージデザインに活かされています。

空力については、コンピューターを活用したシミュレーションに加え、原寸モデルを使った風洞テストまで実施するなど、
実車さながらの開発が行なわれたそうで、これによりボディ、アンダーフロアをはじめ、室内やエンジンルーム内の流速、
排気に至るまで、理想的な空力性能を達成。

ボディには軽量なカーボン材を多用し、車重は僅か899kgに抑えられています。

ミッドシップに搭載される2.0Lエンジンは、直列4気筒ターボとホンダ伝統のDOHC-VTECにより、410ps/7500rpmを発生、
そのパワーは8速DCTにより、余すところなく路面に伝えられます。

ホンダの「Power of Dreams」を体現した「ホンダ スポーツ ビジョン グランツーリスモ」では、
スポーツカーに求められる止まっている時でさえ走り出しそうな動きのあるプロポーションが表現されており、
ホンダの同モデルへの力の入れ方からは「NSX」に続く今後のライトウエイトスポーツモデルの登場を予感させます。

https://clicccar.com/2017/11/14/531744/

このページのトップヘ

見出し画像
×