日本人は車の空調システムを知らなすぎwwwww

カテゴリ:
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
部下や同僚に運転してもらうことが多いが
 雨天で窓が曇ったときデフロスタにしないで窓を開ける
 ずーっと内気循環のまま
 逆にトンネルに入っても外気導入のまま
 オートエアコンなのにいちいち風量で調節
 リアガラス曇っても熱線いれず放置
こんなやつらが多い
car-air-conditioner3

日産・ジュークのフルモデルチェンジが遅れる、2019年初頭発表へ

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [IN]

パリモーターショー2018が開催中となっているが、日産の次期型ジュークも発表が期待されていたモデルの一つであった。
しかし、これは発表が延期となり、年を明けた2019年初頭にフルモデルチェンジされる見通しとなっている。
日産はもう一つのコンパクトクロスオーバーSUVとして、KICKSを2016年に発売していた。
ブラジル、メキシコ、中国、マレーシアを生産国とする主に新興国をターゲットとした車種であるが、これが次期ジュークだったのでは、という心配もあった。
しかしKICKSはVプラットフォームを採用したモデル。
次期ジュークは日産とルノー共用の最新型BプラットフォームであるCMF-Bをベースに開発が進められており、シリーズ式ハイブリッドのe-POWERにも対応する。

https://car-research.jp/tag/juke
no title

【自動車】光岡、新型オープンカー「Rock Star(ロックスター)」を発売 60年代アメ車風デザイン

カテゴリ:
1: シャチ ★
 光岡自動車は10月9日、新型オープンカー「Rock Star(ロックスター)」を発売すると発表しました。価格は468万8200円(税込)から、まずは50台限定で先行オーダーを受け付けています。

 ロックスターは、同社の創業50周年を記念した特別モデルとして登場。昨今叫ばれる「若者のクルマ離れ」に対する同社の答えの1つとして「自由」をテーマに開発されました。マツダ・ロードスター(ND型)をベースに、1960年代のアメリカ車を思わせる独特の雰囲気を備えた強烈な個性を持つデザインに仕上げました。カラーはアメリカ各地の都市をイメージした6色から選べます。オプションとして、幌、ピラー、ドアミラーカバー、内装やシートの色も好みのものを組み合わせられます。

 ちなみに2018年は、NDロードスターベースの車両には2018年2月にクラシックカースタイルの「ヒミコ(Himiko)」を、また創業50周年記念モデルにはアニメ「デビルマン」コラボのスーパーカー「デビルマン オロチ」などのぶっ飛びモデルを続々と投入しています。

 主な仕様はNDロードスターと同じ、1.5リッターの「SKYACTIV-G」エンジンを備え、仕様と装備別に3種類のグレードを用意します。車体サイズは4355(全長)×1750(幅)×1235(高さ)ミリ。全長、全幅ともにベース車両よりやや大きくなっています。先行オーダー分の50台には、より雰囲気を演出できる「ヴィンテージタイヤ&ホイールセット」を特別価格で提供します。



ねとらぼ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000048-it_nlab-bus_all
画像 光岡自動車「Rock Star(ロックスター)」(2018年10月発表)
no title

「ホンダは自社で技術開発をしていない?」というブログがSNSで拡散中 

カテゴリ:
1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ]
4f9750a6

「新卒で入社したホンダを3年で退職しました」というブログの記事が様々なSNSで拡散している。
ここであらすじを紹介するのもなんなので(そもそもすぐ読めます)まだ御覧になっていない方はぜひ。
読んだ多くの人が「ホンダって自社で技術開発していないのか!」と驚き、ダメ出しをしている。けれどこれを書いた人も読んだ人も、根本的な「思い違い」をしてると考えます。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20180919-00097475/

このページのトップヘ

見出し画像
×